June 26, 2006

TVB版 鹿鼎記 第5回、第6回

 さて、オーバイ屋敷に検分に出かける韋小宝とソエト。
 ソエトは、韋小宝に取り入ろうと、オーバイのお宝をちょろまかします。
 そして、ついに!

 「匕首!」「胴衣!」を手に入れます。(ドラえもん口調で)

 ついでに、2人は、義兄弟になります。
 今回の皇太后が所望の「四十二章経」を二冊手に入れます。

Continue reading "TVB版 鹿鼎記 第5回、第6回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2006

TVB版 鹿鼎記 第3回、第4回

 久々の続きです。翻訳本だと、満州族の方々は、カタカナなんですが、当然、字幕は漢字なので、誰が誰だかよくわからん(^^;

 「反清復明」本を書いた一族は、牢屋につながれます。
 視察に来たオーバイをののしり、大人の男のみ処刑されます。
 その状況を見ていた高官(徳格勒)。オーバイ天下の今の政治を憂い、彼の専横を許さないがため、皇帝および大臣の居並ぶ中で、親政の必要を訴え、逆にオーバイに逆臣扱いにされ投獄されます。
 その様子を見、前回諫言をした老臣は、病に倒れてしまいます。

Continue reading "TVB版 鹿鼎記 第3回、第4回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2006

TVB版 鹿鼎記 第1回、第2回

 ようやく、1回と2回だけ見ました。「内地版 神鵰侠侶」の息抜きです。
 かの、梁朝偉(トニー・レオン)さんが韋小宝、劉徳華(アンディ・ラウ)さんが康煕帝の鹿鼎記です。
 そうそう、私が手に入れたものは、中国本土で発売されているため、音声は吹き替え、字幕は簡体字です。

 時は清朝、時の摂政オーバイを亡き者にせんとする漢人達がいました。漢人リーダーは、国姓爺、鄭成功の軍師陳近南。決行の夜、万全の策で葬り去ろうとするのですが、仲間の裏切りで返り討ちになってしまいます...

Continue reading "TVB版 鹿鼎記 第1回、第2回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)