May 13, 2009

結婚をして、子供も産まれました。

 なにやら、知らない間に「100年に一度」とか「未曾有の危機」とかいわれる時代になってしまいました。時代の移り変わりは激しいものです。為替レートも、大きく変動して、日本円は比較的「安心」な通貨のようで、実体とはかけ離れて、強い通貨ということになっているみたいです。
 円高になれば、輸入品が安くなるのだけれども、国内企業は、輸出依存型のため、内需がなく、その恩恵にもあずかれない始末です。
 普段だったら、アメリカやユーロ圏のアマゾンでお買い物とか、知人の話では、経験したことのないくらいのレートになってしまった韓国に旅行するとかも検討できないこともないのですが、そんなノー天気なことも言っておれない事情が私にもあります。

 そうなのです。私は、昨年の8月に結婚しました。そして、12月には、子供も授かりました。投資のベクトルを変更せねばならないのであります(汗)。

 今、我が子は、隣でぐっすり寝ております。やはり、我が子は、可愛いです。
 これは、経験をしないと分かりません。皮膚の湿疹が気になり、近くの小児科に行ったり、熱が出ると病院に行かなくてはとハラハラしたり、子供の喃語(なんご)というかおしゃべりや寝返りに喜んだり、特売の紙おむつを買いに行ったりと、すっかり、子育てを楽しんでおります。
 妻にも、感謝してます。母乳で育てていることもあって、最初の頃は、2から3時間おきにお乳を欲しがるため、夜中でも起きて対応してました。今でも、家庭内のことを良く努めてくれています。

Continue reading "結婚をして、子供も産まれました。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2008

最近のわたくし

 あっという間に、もう4月です。
 私の住んでいるところでも桜が開花し始めました。
 なんでも、名古屋の鶴舞公園は、ほぼ満開のようです(午後8時45分のNHKニュースによると)。
 プロ野球も始まりました。楽天はなかなか勝てません(ファンではないのですが、気になる球団です)。

 ドラマの「はちみつとクローバー」は、最後の方は見てました。なかなか良くまとまっていました。原作にもあった泣かせる台詞も散りばめられて、若い頃を思い出してしまいましたよ。
 森田くんは、一時期の反町隆史さんを思い出させてしまいます。原作のようなトリックスターではなかったですが、漫画は、すごすぎるので、ドラマ程度がいいのです。
 ローマイヤー先輩も最終話にも登場し、竹本を暖かく包んでくれました。いい感じです。
 はぐちゃんは、結局、あいまいに誰も選ばなかったといった感じで落ち着いてしまいましたが、まあこれでよかったのではないのでしょうかね。

ハチミツとクローバー - Wikipedia

 視聴率は芳しくなかったんだね(汗)

 木曜の夜は「鹿男あおによし」も、ちらちら見てはいました。
 私が一時期住んでいた奈良が舞台で、大変興味深く見てましたね。
 BGMが、派手で、物語以上にスケールが大きいものに仕上がってたように感じます。
 音楽は佐橋俊彦さん。知らないなぁ~と思ったら、最近の特撮やアニメを多く手がけている人でした(^^;
 劇団四季の「夢から醒めた夢」「李香蘭」の編曲も手がけているそうです。

佐橋俊彦 - Wikipedia

鹿男あをによし - Wikipedia

 へえ、藤原先生は、男性だったんだ(汗)

 最近は、こんなところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 31, 2007

行く年来る年です

 毎年、この時間になると寝てしまう大晦日ですが、今日は、旅行記の更新もあって起きてます。
 なんでも、新聞報道によると寝る前にメールを書いたりすると、エスプレッソ2杯分の不眠効果があるそうですよ。


本当?就寝前のメールチェックは不眠のもと(読売新聞)

 それは、さておき、今年を振り返ります。

Continue reading "行く年来る年です"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2007

世界を創った男 チンギス・ハン が終わりました

 堺屋太一著の「世界を創った男 チンギス・ハン」が本日終了しました。

 最近は、大変多忙で、ブログの更新もおざなりですが、この日経新聞連載のこの新聞小説は読んでいました(夕刊の内田康夫氏の「地の日 天の海」も読んでいます。)

Continue reading "世界を創った男 チンギス・ハン が終わりました"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2007

第22回 笑福亭福笑独演会「絶体絶命」

 今一番聞きたかった噺家の独演会に行ってきました。
 その名は、笑福亭福笑。
 はい、有名でないかもしれません。テレビでもあまり見かけません。私も知りませんでした。

 場所は、大阪厚生年金会館大ホール
 現場に行くと、入り口の前でも年金相談を受けつけてました。

Continue reading "第22回 笑福亭福笑独演会「絶体絶命」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2007

ガツン系フードと宮崎アニメ

 このごろ、コンビニでこんな商品を見かける。
 プッチンプリンだ、しかし大きさが尋常でない。
 日清のカップヌードルクラスの容器に入っているのだ(汗)
 その名は、「ハッピー・プッチンプリン」こんな商品が売れる時代になったのだ(汗)

Continue reading "ガツン系フードと宮崎アニメ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2007

宮S、ハケンの品格、ウルトラマンメビウス

 今回もつぶやきだけ

 「宮S」、本国では佳境のようですが、視聴率は取れてないみたい(5%台)。女性皇帝の跡継ぎという問題は良しとして、主人公たちは平凡というか、王道というか、別に宮廷を舞台にしなくてもといった感じがするのだが、エンディングのテディベアを使った次回予告はかわいいですよ。多分、日本で放映する(のか?)時はカットされるけど。これだけです。

 「ハケンの品格」、大泉洋さん扮する「東海林」ことクルクルは、スーパー派遣に振られるのだが、いい組み合わせだと思うのは、私だけでしょうか?

 「ウルトラマンメビウス」、今週は、メフィラス星人の登場だから、ウルトラマンの登場でしたが(先週は、「セブン」、先々週は「エース」が登場したそうな、当時の俳優さんも登場)メフィラス星人は、隊員の巨大化はしなかったそうです。私は、仮面ライダーよりはウルトラマン派で、よく見たのは「エース」まで、主題歌は、レオまでは歌えます。
 それぞれのイメージは、「ウルトラマン」は、面白い。「セブン」は、カッコいいが怖い。「新マン」は、みんな仲悪い。「エース」は気味悪い。「タロウ」は、甘えんぼで陽気。「レオ」は、記憶に残ってません。どうでもいいことですね。

 「雪山飛狐」を読み始める。
 「書剣恩仇録」は2巻を読み終える。疲れる。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

February 25, 2007

宮、ハケンの品格、のだめ17巻、3回忌

 最近のことをまとめて、

 「宮」をBSジャパンで見てます。とはいえども、当初は、あんまり熱心でなかったです。最初は見逃したし、皇太子の誕生会、皇太子がタイに行ったあたりくらいしか見てない。

Continue reading "宮、ハケンの品格、のだめ17巻、3回忌"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 18, 2007

今日は、旧暦の正月です。

 韓国では、ソルラル。中国圏では春節(チュンジエ)です。
 アジア圏は、旧暦を重視します。

 先日の韓国旅行でも感じたのですが、占いの生誕日を旧暦で計算しなおしているのを思い出し、旧暦を計算できるサイトを探してみました。
 仁寺洞の判子屋さんのおじさんは、本から計算をしてましたが、インターネットでも計算が出来ます。

暦の部屋にようこそ
 このページは、変換後に、月齢も分かります。

こよみのページ
 このサイトは、情報が潤沢です。参考になりました。

 先日の韓国旅行でも、街角に占い屋がたくさん店を出していました。この年末年始は、占い屋さんが流行るみたいです。
 みなさんも、旧暦で占ってみてはどうでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 06, 2007

ココログ駄目かも

 最近、トラックバックスパムが増えました。
 これを書き込む瞬間にも、ボットさんが、セッセとトラックバックを仕込んでます。
 困ったものです。
 正直、引っ越そうかとも思ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧