January 05, 2011

「チェブラーシカ」「くまのがっこう」

 時が経つのは早いもので、はや2011年となりました。
 子供が幼いと、なかなか劇場で映画観賞なんて出来ません。
 読みたい本も、だんだんとたまってきました。かつては、発売日に読みふけった「魔法の国ザンス」シリーズも、2冊ほどたまっています(^^;)
 けれども、DVDくらいは見れます。
 娘もだんだんといろんなキャラクターものに興味を持ち始め、保育園に通いだすとさらに拍車がかかり、独身時代から買いためてきた短編アニメとかのDVDもようやく陽の目を見る機会が出てきました(爆)
 そんなDVDのなかに「チェブラーシカ」があります。
 私が所有しているのは、2001年公開時のもので、後にジブリ美術館が配給したリマスター版ではありません。当初は3話までしか劇場公開されず、4話目はDVDの特典だったと記憶してます。
 それが、年末から新作を劇場公開するではないですか!!
 家族で早速、観賞してきたのであります。

Continue reading "「チェブラーシカ」「くまのがっこう」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2008

猟奇的な彼女 日曜劇場

 本日から、始まりました。
 まあ、猟奇的な彼女のおかげで、いろんなところ行きましたし、ドラマもチェックしました。
 なんでも、ハリウッドでは、映画を製作中で、オリジナルの監督は、日本人を使って、彼女の3つ目の映画を今年公開する予定です。

 そんな中でのドラマ化は、正直驚きました。

 正直、キャストを見て、ちょっと年をとってますね(^^;といった感じだったのですが、内容はどうでしょう?
 ちなみに、私は映画だけで原作を読んだことはないのだ(爆)

Continue reading "猟奇的な彼女 日曜劇場"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2008

ハチミツとクローバーを見る

 フジテレビ系で「ハチミツとクローバー」が始まりました。
 原作は既に完結。アニメにもなり、映画化も記憶に新しい作品です。

ハチミツとクローバー(フジテレビ)

Continue reading "ハチミツとクローバーを見る"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2007

甲野善紀身体操作術(2006年日本)

 内田先生の著書にも出てくる、古武術のえらい人、甲野善紀さんのドキュメンタリーを観てきました。

 「考えるな、感じろ!」李小龍

Continue reading "甲野善紀身体操作術(2006年日本)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2007

絶対の愛(2006年韓国)

 キム・キドク監督の作品です。
 いろいろ公開されてますが、私は「春夏秋冬そして春」以来です。
 整形の話です。そこはキム・キドク、屈折してます。

 主要な人物は、若いカップル。
 カップルの彼女は、独占欲が強いのか、彼氏が他の女性に目が向くのが気に食わない。ついには、彼氏の目が他にいくのは、自分の容姿に原因があるのではと考える。彼女は、二人の関係が壊れることを極端に恐れたのである。
 そして、彼女は、彼氏の元から姿を消し、整形外科に訪れ、あるプランを実行する。
 一方の彼氏、彼女が突然、音信不通になり、困惑し捨てられたと考える、そう!彼は彼女を深く愛していたのである。EDとかは関係無く。傷つき、状況の打開のため、新しい出会いを求めるが、なぜか肝心なとこで邪魔が入ります。
 彼女を失ってから6カ月、彼の元に、女性が現れます。

Continue reading "絶対の愛(2006年韓国)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 17, 2007

ハケンの品格 終わりました

 「驕れる正社員は久しからず、今や会社は派遣の存在無しには成り立たない...」というこのドラマも終わってしまいました。
 もう春ですね。

Continue reading "ハケンの品格 終わりました"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

March 03, 2007

イルマーレ(2006年 アメリカ)

 イルマーレ(原題「The Lake House」)を鑑賞しました。
 いうまでもなく韓国映画「イルマーレ(原題「시월애(時越愛)」)」のハリウッドリメイクです。

 やっぱり、ハリウッド風味に「わかりやすく、最後まで見せる」つくりになっています。
 それが、たぶん好みの分かれるところですね。

 でも、リメイクものにしては、不満はないです。


 さて、ここからはネタばれの時間です。

Continue reading "イルマーレ(2006年 アメリカ)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2007

LOSTをちらっと見る

 BS-iでLOSTの再放送をしています。
 LOSTに、シュリの女スパイ役、キム・ナンジンさんが出演しているのは知っていたが、この手のサバイバルものは、あの時期のアメリカで主流(今でも)だったし、FOXだし、正直あんまり興味はなかった。
 その前のプログラムが「夏の香り」(字幕)だったので、流れで見ていたが、なにげに、登場人物のハングルが理解できてしまう自分がいた。
 「え!」しかも、ネイティブでない発音(^^;
 で、番組のHPを見たら、そうなんだ、遭難者の中に韓国人の夫妻がいるんだと納得。

 ところで、最近、アメリカのドラマのレギュラーで日本人役はいますかね?
 スタートレックくらいかな?
 そう言った意味では、中国人もいないなぁ~
 アジア圏は、中国も日本も一緒くたのるつぼの中ですが、韓国だけは扱いが違うような気がするのは、私だけ?

BS-iがハイビジョンで放送!「LOST」TVシリーズ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2006

下北サンデーズ 最終回

 梅が丘、豪徳寺、土曜の次は、「サンデーズ」!
 
 あっという間に、終わってしまいました。夏のドラマは早いです。

 まあ、ドラマはドラマです。「事実は小説より奇なり」といいます。現実は、厳しいのです。このドラマは、日本における「RENT」にはなりえなかったのですが、この波紋がどこかで跳ね返ってきてくれるとうれしいです。

 生の舞台を観ましょう!

 さて、ドラマは、テレビが「里中ゆいか」に手を差し伸べるが、ゆいかは映画「卒業」よろしく、ウェディングドレスで、現場から逃げ出すという話が最終回。
 ご都合主義が満載(^^;

 話としては、8話までが限界だったかな?


Continue reading "下北サンデーズ 最終回"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

August 24, 2006

サマータイムマシンブルース

 へこへこ、旅行記を書いているときに鑑賞して、すっかり見入ってしまった作品です。

 先週「日本映画専門チャンネル」で鑑賞。

 「サマータイム ブルース」を渡辺美里さんの曲か、洋楽かに認識することによって、世代が分かれるかもしれないのですが、そんな曲と全然関係ないこの映画、舞台が原作だそうです。

 お話は単純、ちんたらSF研究会部室のエアコンのリモコンが、偶発的な事故によって、ぶっ壊れ、偶然表れたタイムマシンを使用して、何とかしようと努力する話です。

 へ?つまんない(^^;

Continue reading "サマータイムマシンブルース"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧