« ねじ巻き鳥クロニクル | Main | ファンタスティック・カップル 最後まで »

June 08, 2008

碧血剣4話まで チャンネルneco

 我らが(汗)張Pの碧血剣がチャンネルnecoで放映中です。
 碧血剣は、金庸ファンならご存知の通り、彼の初期の作品になります。話は、後期のものと比べると単純で分かりやすい内容となってます。ただ、後期の作品を知っていると、あんまり面白くない(汗)しかれど、武侠小説の世界観の入門編には十分なのである。
 時代は、明朝末期、讒言によって刑死させられた袁崇煥の遺児、袁承志くんがいろんな試練と出来事を乗り越え、肉体的にも精神的にもたくましくなる話です。

 金学の世界観でいくと、笑傲江湖と鹿鼎記の間に位置し、袁承志は、崋山派です。碧血剣における崋山派の開祖は風清揚となってます。
 はい、笑傲江湖で令狐冲に独孤九剣を伝授する人です。
 ちなみに、このドラマでは、袁承志の師匠、崋山派の穆人清と中視版笑傲江湖の風清揚役の人は同じです。どうでもいいですね。
 そして、碧血剣の登場人物は、鹿鼎記にゲスト出演します。

 それから、ヒロインのツンツン娘、温青を黄聖依(カンフーハッスルのヒロイン)が演じてます。

 ここまでが、どうでもいい予備知識です。興味沸きました?


 物語は、袁承志くんが崋山での修行を終えて、下山するところから始まります。かなり端折ってます。袁承志くんと木桑道人との囲碁のくだりは面白かったのにな。。。

 そして物語は、袁承志くんとヒロインの温青の動向を同時に見せていきます。
 袁承志くんの方は、昔のお仲間と再会もつかの間、官軍に追われ、真面目な性格が災いして絶体絶命。
 温青の方は、明朝の反乱軍李自成の軍資金を運ぶ崔希敏と安小慧(袁承志くんと幼馴染)を盗賊団の襲撃のどさくさまぎれに騙し取ります。
 さて、しぶとい袁承志くんは、落ちたおかげで、金蛇郎君の祠(?)を見つけ、金蛇郎君の人をひねくれた罠を、持ち前の礼儀作法で回避し、武芸書の金蛇秘笈をゲット!
 そこで、袁承志くんは、船の上で男装の温青と出会います。そこを襲うのは、別の盗賊団、袁承志くんは、彼(彼女)を手助けします。その報酬として、袁承志くんは、軍資金の半分を彼女から受け取ります。袁承志くんは、真面目な性格そのお金を返しに行きます。
 温青は、そんな彼を素直に喜ぶのですが、男装で出迎え、義兄弟の契りを結びます(汗)
 そんな折に、安小慧が単身、温の屋敷に殴りこみをかけます。その場を収める袁承志くん。安小慧と久々の再会を果たし、彼女に軍資金を返してもらうことをお願いするのですが、温のおじいさんは、許しません。袁承志くんに3日間の猶予を与えて、軍資金を奪ってみろと挑戦をするのでした。

 ほいほいと、奪いに屋敷にしのびこむ袁承志くん、彼は何度も言うように、真面目な好青年。しかも強い強い、最初から武芸と軽功と暗器の奥義を会得した者です。見ていてこれほど安心する主人公は、金庸ワールドでもまれな存在です。温の家の者は、もちろんかないません。しかし、袁承志くんは、温の家の宿敵、金蛇郎君の武芸を見せてしまい、彼が茶目っ気を出したおかげで、ますます怒られてしまうのです。
 そうやって、1日目は過ぎるのですが、温青は、自分が女性であることを明かし、お母さん温儀の昔話が始まります。

 アクションは初回から見せてくれます。
 なかなかいい具合です。肉弾戦重視で、袁承志くんの鉄板橋(なかなかなじみのない言葉ですが、上体を反らして敵の攻撃をよけることで、マトリクスのネオの弾除けというのが一般的でしょうか?「武侠映画の快楽」から引用)を1話に1回は披露してもらえます。金蛇郎君のアクションも見ていて楽しいです。かなりの正統派のアクション作品としても見ることができます。

 この話の全般に渡って江湖が持っている大いなる誤解は、袁承志くんは、崋山派の穆人清の直接の弟子でありながら、誰もそのことをしらないということ(そうでないと、話にならないのですが)、しかも袁承志くんは口下手で、世間慣れをしていないので、無駄に、相手を逆上させ、戦いを強いられてしまうのです。そのあたりが大変もどかしい(これは、書剣恩仇録でも感じるのですが<まだ全部読んでないけど)。まあ、これは意見の分かれるところかと思います。

 あ、そういえば頼りになる巨漢くんは、どこに行ってしまったのでしょう?

 それから、温家のお爺さんが名古屋章さんを彷彿とさせる顔立ちです。中国の俳優さんも日本人の俳優と似ている顔を見つけることができるので、これも楽しみのひとつですねぇ


碧血剣(へきけつけん) チャンネルneco公式サイト
華流・チャンネルNECO 武侠ドラマ23

|

« ねじ巻き鳥クロニクル | Main | ファンタスティック・カップル 最後まで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75616/41462024

Listed below are links to weblogs that reference 碧血剣4話まで チャンネルneco:

« ねじ巻き鳥クロニクル | Main | ファンタスティック・カップル 最後まで »