« スプートニクの恋人 | Main | 結婚をして、子供も産まれました。 »

June 08, 2008

碧血剣6話まで チャンネルneco

 さて、お母さんの昔話も終わったところですが、これで温一家がろくでなしということが分かったかと思います。
 袁承志くんは、温家の五行陣を破ることができるのでしょうか?

 金蛇郎君カッコよかったですねぇ~
 戦闘時に修羅の面容になり(説明では蛇になるそうだけど)、金蛇剣を手足の様に戦います。その金蛇剣の素晴らしいこと、まるでガリアンソード(爆)。ガリアンソードよりも機能性が高いのですがね。
 この作品実は小説を読んでいても、いままでのリズムが崩れることがある。たとえば、昔話の後で、水賊の首領が先生を連れて来て、袁承志の話を折り勝手に軍資金の分け前の話をしてしまうこと。また、その折に商売人黄真が登場して、お決まりの師弟どうしの挨拶をしてしまいます。江湖のみなさんは、義理堅く、礼節を重んじ、年上を立てるのです。
 つまり、袁承志くんは、画面では主人公オーラを発してますが、お爺さんどもの眼から見ると、名もなき小僧なのです。
 まあ、視聴者からすると、うざったいところですが、そんなところは、黄真おじさんの面白さに免じてゆるしてください。ちなみに、黄真おじさんは、そろばんを武器にしております。小説では、戦闘シーンも後半出てくるはずです。

 なんだ、見始めると結構面白く感じてきたです(*^ー^*)

 「たとえ天下の財宝を集めたとて、どうして半日の逢瀬にかえられようか。財宝を重んじて、別離を軽んじる、ああ、愚のきわみなり!今や痛恨のあるのみ!」(小説より引用)
 この台詞はいいですねぇ。
 命のやり取りをする江湖ならではの言葉ですので、日常では、使えない言葉ですが(ノ_-;)

 そうそう、温儀役の人は、張P版「射鵰英雄傳」の楊康ママです。うーん、張Pにとっては、不幸なお母さん役なのでしょうか?

 ということで、南京にたどり着いた袁承志ですが、また南京で、ひと騒動があるのです。
 あれ?もう阿九登場なんですね?まあ、後のエピソードを考えると考えられなくもない話(改訂版はそうなのかも)ですが、阿九は、眉間に皺寄せてばかりですねぇ~
 可愛いけど(*^ー^*)

碧血剣(へきけつけん) チャンネルneco公式サイト
華流・チャンネルNECO 武侠ドラマ23

|

« スプートニクの恋人 | Main | 結婚をして、子供も産まれました。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75616/41474662

Listed below are links to weblogs that reference 碧血剣6話まで チャンネルneco:

« スプートニクの恋人 | Main | 結婚をして、子供も産まれました。 »