« 張P版 鹿鼎記 発売のようです | Main | ねじ巻き鳥クロニクル »

April 20, 2008

猟奇的な彼女 日曜劇場

 本日から、始まりました。
 まあ、猟奇的な彼女のおかげで、いろんなところ行きましたし、ドラマもチェックしました。
 なんでも、ハリウッドでは、映画を製作中で、オリジナルの監督は、日本人を使って、彼女の3つ目の映画を今年公開する予定です。

 そんな中でのドラマ化は、正直驚きました。

 正直、キャストを見て、ちょっと年をとってますね(^^;といった感じだったのですが、内容はどうでしょう?
 ちなみに、私は映画だけで原作を読んだことはないのだ(爆)

 導入部は、同じ感じですね。
 彼女(田中麗奈)をおぶって入るところが、ラブホという展開に?
 まあ、確かにオリジナルに沿った展開(オリジナルはモーテル。同じか?いや、ちょっと違う)なんですが、今の日本の場合、いろんなところがあるのではないのでしょうかね?マンガ喫茶とか、それに学生でないのだし、ちゃんとした職を得ているのだし、タクシーを使うという手段とか。。。ラブホが最終選択肢としてはあんまり共感を得ないなぁ
 さすがに定職もちでクレジットカードも持ってないというのは考えにくい。そうか、講師は薄給なんだ。そうか~(^^;

 「年上にタメグチ聞くな?」まあ、韓国では極めてありえる台詞なのですが、日本のドラマで聞くと違和感があるなぁ~

 次に、彼女のライバルの存在。幼馴染で初恋の人という最強のカードなんですが、うーん(^^;今後の不安を感じる。どうみても、彼女に分が悪い。
 これも十数回を持たすための手段か?
 それにしても、登場人物は多い。

 そして、彼女には、両親の存在は無く、主人公の隣に引っ越してくる(^^;;;;;

日曜劇場「猟奇的な彼女」

 どうなんでしょう(^^;
 オリジナルは、乱暴だけど、弱きを助け強きをくじき、間違ったことが許せない、という彼女のキャラクターのおかげと後半に見せる弱気な点のギャップが観客の心をつかんだものと思っていいたのですが、それがこのドラマでも活かせれば成功すると思うのです。。。。

 2話以降の展開もいわゆるラブコメの展開だすね(。。;

|

« 張P版 鹿鼎記 発売のようです | Main | ねじ巻き鳥クロニクル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75616/40943107

Listed below are links to weblogs that reference 猟奇的な彼女 日曜劇場:

« 張P版 鹿鼎記 発売のようです | Main | ねじ巻き鳥クロニクル »