« 猟奇的な彼女 日曜劇場 | Main | 碧血剣4話まで チャンネルneco »

April 20, 2008

ねじ巻き鳥クロニクル

 ちょっと前の小説ですが、読み終えましたので、感想を書きます。はじめに、全体の感想を書きますが、興味深く読ませていただきました。

 村上春樹さんの著述は、今まであんまり読んでいませんでした。
 ひとつは、「ノルウェイの森」の時にでた評論家の言うことを真に受けていた(元東大総長 蓮實重彦も言っていた。)
 ふたつめは、海外文学の方を好んで読んでいた。

 まあ、紆余曲折があったのですが、読んで見ると平易な文章で、読みやすくでも書いてあることは、かなりキツイ話になってます。

 あらすじは、いろんなところにあると思うので、それを読んでください。

 簡単に言えば、主人公が、自分と家族を取り戻す話。

 舞台は、東京都世田谷。主人公はここから、あまり移動はしませんが、意識は過去と異界を行き来し、それはまた広大な精神世界で地獄めぐりをするのであります。

 地獄めぐりといえば、主人公が妻を取り戻すのもオルフェウスとエウリュディケの話を思い出してしまった。
 あと、雪の女王とか、これも氷のとげを溶かしてくれるのは、女の子の涙だったし、なんだかそれらの話を思い出しながら本を読んでおりました。

 そうか、大人の童話なのかもしれない?

 思えば、地球を駆けめぐっても、宇宙を何万光年行ったとしても、クレタ島に行っても、ノモンハンに行っても、井戸の底に潜んでも、押入れの中に閉じこもっても、人間そんなに変わるものではありません(まあ、その行為だけでは)。
 結局は、自分を見つけることが出来るのは自分だけで、自分を変えようとすることができるのは自分だけで、それを励ますことができるのは自分では出来ないということではないのでしょうか?

 ノモンハンのこと、シベリア抑留のことは、かなり興味深く読みました。
 ビータリー・カネフスキー監督の「動くな、死ね、蘇れ」では、シベリア抑留中の日本兵が、「よさこい節」を歌いながら風呂に入るエピソードがあるのですが、なんだかそれから受ける印象とのあまりにも違うので、そのころの文献をあさってみたくなりましたです。

|

« 猟奇的な彼女 日曜劇場 | Main | 碧血剣4話まで チャンネルneco »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75616/40865529

Listed below are links to weblogs that reference ねじ巻き鳥クロニクル:

« 猟奇的な彼女 日曜劇場 | Main | 碧血剣4話まで チャンネルneco »