« 金庸先生、来日! | Main | ホジュン 最終話まで »

August 10, 2007

世界を創った男 チンギス・ハン が終わりました

 堺屋太一著の「世界を創った男 チンギス・ハン」が本日終了しました。

 最近は、大変多忙で、ブログの更新もおざなりですが、この日経新聞連載のこの新聞小説は読んでいました(夕刊の内田康夫氏の「地の日 天の海」も読んでいます。)

 チンギス・ハンについては、どうしてもKOEIのゲーム「蒼き狼と白き雌鹿」くらいの知識しかないのですが、著者のモンゴル帝国と最近のアメリカ合衆国との比較などは興味深く読まさせていただきました。
 それに、これほどまでに失敗して(負けている)英雄もないというのが実感です。
 三国志の曹操もかなり負けを経験している人ですが、レベルが違いますね。チンギス・ハーンこそ、負けるたびに強大な勢力になったといえるのではないのでしょうか?

 日経新聞では、以前も第3者から見たモンゴル帝国について新聞小説があったかと思うのですが、もうすでにそれと比べても興味深い内容ばかりです。
 これを元に、KOEIさんは、久々に「蒼き狼と白き雌鹿」の続編なんぞはいかがですかね?キャラクターの数値がまた違ってるんだろうなぁ~

 この新聞小説のあらすじだけでも知りたい方は、次の公式ページが詳しいです。

NIKKEI NET | 堺屋太一が描く、壮大なる英雄叙事詩 | 世界を創った男 チンギスハン

|

« 金庸先生、来日! | Main | ホジュン 最終話まで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75616/16011599

Listed below are links to weblogs that reference 世界を創った男 チンギス・ハン が終わりました:

« 金庸先生、来日! | Main | ホジュン 最終話まで »