« April 2007 | Main | June 2007 »

May 29, 2007

宮 第22話〜最終話

 間が開いているようですが、そのとおりです。
 18話までは視聴してますが、このところ「ちんたら」ペースなのが、玉に傷。

Continue reading "宮 第22話〜最終話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2007

ホジュン 第26話~第32話まで

 ホジュンが、ユ医院に戻り治療を続けていると、"あの"ドルセが母親を背負って参上。すごい剣幕で、ホジュンに母親の眼を治してくれと頼みます。どうやら、ホジュンの警告を無視して、症状がよくなっても薬を与えつづけ、附子(トリカブト)の毒に当たってしまったそうです。
 すごく弱るホジュン。
 そんな顔を見るのも久しぶりです。

Continue reading "ホジュン 第26話~第32話まで"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2007

絶対の愛(2006年韓国)

 キム・キドク監督の作品です。
 いろいろ公開されてますが、私は「春夏秋冬そして春」以来です。
 整形の話です。そこはキム・キドク、屈折してます。

 主要な人物は、若いカップル。
 カップルの彼女は、独占欲が強いのか、彼氏が他の女性に目が向くのが気に食わない。ついには、彼氏の目が他にいくのは、自分の容姿に原因があるのではと考える。彼女は、二人の関係が壊れることを極端に恐れたのである。
 そして、彼女は、彼氏の元から姿を消し、整形外科に訪れ、あるプランを実行する。
 一方の彼氏、彼女が突然、音信不通になり、困惑し捨てられたと考える、そう!彼は彼女を深く愛していたのである。EDとかは関係無く。傷つき、状況の打開のため、新しい出会いを求めるが、なぜか肝心なとこで邪魔が入ります。
 彼女を失ってから6カ月、彼の元に、女性が現れます。

Continue reading "絶対の愛(2006年韓国)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 14, 2007

陸小鳳伝奇 繍花大盗

 陸小鳳シリーズの2巻目。

 今回は、お上のアウトソースされた仕事をやるはめになった陸小鳳。
 黒い牡丹の花を刺繍しながら盗みを働く髭男(繍花大盗)を探します。

Continue reading "陸小鳳伝奇 繍花大盗"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2007

ホジュン 21話~25話

 さて、科挙を受けるために漢陽に向かうホジュンです。
 旅費も賄うことも難しいのですが、そこは内助の功、奥さんはへそくりを貯めていたのです(素晴らしい)!

 途中、解剖おじさんから餞別をもらうホジュン。
 また、イェジンちゃんの心のこもった手紙も頂き、これで、受からなかったら合わせる顔がないぞ!
 
 でも、また騒動に巻き込まれるのである。

Continue reading "ホジュン 21話~25話"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 12, 2007

陸小鳳伝奇 金鵬王朝

 このゴールデンウィーク中に、1巻と2巻を読みました。

 結果....

 最初から読んでおけば、良かったと、3分だけ後悔。
 とりあえず、1巻目から、

 陸小鳳は、江湖でも有名な浪子。誰とでも友達になれ、友達づきあいの良い好男児。
 彼は、盲目の花満楼といっしょに、中国に亡命してきた金鵬王朝の王から、裏切ったかつての旧臣への仕返しを依頼される。
 ただ、敵は江湖でも相当のてだれ!
 陸小鳳は、最強の剣客、西門吹雪を、仲間に引き入れようとする。


Continue reading "陸小鳳伝奇 金鵬王朝"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2007

ハウトゥーサクシード 東京芸術劇場中ホール

 なんやかんや言ってましたが、なんとか5月5日の子供の日のマチネのチケットが手に入りましたので、鑑賞してきました。

 まずは、脚本と歌詞の翻訳に感謝。翻訳劇での一番の違和感は、原本との差、当然ながら字幕と同じく歌詞でも表現することに限界があるのです。
 それを、初見の観客が聞いても分かりやすく、しかも原本の要素を残しておくことは実は難しい。その点でこの作品はクリアしていたと思います。

Continue reading "ハウトゥーサクシード 東京芸術劇場中ホール"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 05, 2007

ホジュン20話まで

 さて、近頃は、BS朝日で、毎日ホジュンです。

 さて、グレちゃったホジュンです。
 彼は、推薦状の再発行をお願いしに行くのですが、なんとまあ、明国に使者として行ってしまったところ。
 その後は、酒場で醜態をさらす情けなさ。

 しっかりせいよ!

Continue reading "ホジュン20話まで"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »