« 「死霊のはらわた」ミュージカル | Main | 宮 15話から17話 »

April 22, 2007

陸小鳳伝奇3 決戦前後 古龍著 岡崎由美訳 早稲田出版

 陸小鳳シリーズの3巻目から読みました。
 そうです。邪道ですが、こちらの読みとしてあったのは、「古龍だから途中から読んでも読めるだろう」と(汗)

 古龍は、金庸と比べ、文体は冗長でなく、展開は素早く、どこを切り取っても絵になるのですが、刹那的で、行きあたりばったり(主人公はバッチシなんですが)で、まるで少年漫画の様。でも、女性の描き方は、社会勉強をしているせいかきめ細かく(その点は青年向き)、男性たちの友情もカッコいい。

 さて、この話は、2大剣客の勝負の裏でうごめく、陰謀を描いた作品。競馬でもなんでも賭け事は、当事者でなく外野が騒がしくなるもの。
 街の有力者は、自分の財産と縄張りを賭け、武人は、一世一代の大勝負を一目見ようと、躍起になる。
 主人公の陸小鳳は、酒に目が無く女たらし、要するに遊び人、けれどどんな利剣でも指2本で挟み剣気をそぐ絶技の持ち主(真剣白羽取りより凄いっすね)。キップがよく、友達思いのいい奴です。
 まるで、多情剣客無情剣の李尋歓の陽性版のような感じ、笑傲江湖の令狐冲とも共通点はある。正直、こんな李尋歓の以後の話も読んでみたいと思う私にとっては、まさにツボにはまった感じです。
 彼は、遠山の金さんのように、街中のトラブルを解決する探偵のような感じ(汗)そのため、終始推理小説のノリで展開します。展開は江戸川乱歩のような感じ、それに武侠小説の要素が混じった、一粒で何度も美味しい作品です。映画にもなるわな。

|

« 「死霊のはらわた」ミュージカル | Main | 宮 15話から17話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75616/14810277

Listed below are links to weblogs that reference 陸小鳳伝奇3 決戦前後 古龍著 岡崎由美訳 早稲田出版:

« 「死霊のはらわた」ミュージカル | Main | 宮 15話から17話 »