« March 2007 | Main | May 2007 »

April 29, 2007

東京で「ハウ・トゥー・サクシード」が上演中のようです

 ピューリッツアー賞というのは、ジャーナリストを対象とした賞だと思われているのですが、賞の中には、戯曲部門もあり、毎年1作品受賞(該当作品の無い年もあり)されているということはあまり知られていないところ、最近では、日本でも結構上演され、映画にもなった「RENT」なんかもそうです。

 この「ハウ・トゥー・サクシード(原題は、How to Succeed in Business Without Really Trying)」も、1961年に受賞しています。
 RENTがオペラ「ボエーム」を題材にした、どちらかというと暗い内容に対して、こっちは、当時のアメリカのビジネス社会を皮肉ったという感じで、

 「凄く明るくて!凄く元気になれる!」

 インターネットとパソコンの世の中になっても、会社組織の世界は変わんないのだ。
 職場がツマンナクテ、5月病(ってまだあるのかな?)ってな、あなたにピッタリの作品です。

Continue reading "東京で「ハウ・トゥー・サクシード」が上演中のようです"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2007

ホジュン15話まで

 ドジの不興を買い、下働きに戻ったホジュンは、狂ったように医術にのめりこみます(以降「ミチョッソ」と言う言葉がが乱発します。미치다(狂う)が用言活用で미쳤어(狂った)になるんだが、詳しくは勉強してね)。彼は、偶然出会った人の腹を見たい元内医院の医員から基礎的な知識を学びます。
 あっという間に、歳月がすぎ、お髭が似合う季節になった頃、なんでか首をつった娘を抱かえた村人が、やって来ます。
 以降、理不尽な人物がいっぱい登場してきます。

Continue reading "ホジュン15話まで"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宮 15話から17話

 え〜と、何があったっけ?
 シン君は、ユル君の抜け駆けに怒り殴ります。
 それに対して、引きこもってしまうユル君は、父親にも殴られたことが無かったのでしょう(汗)
 シン君も喧嘩慣れしてないのかもしれません。
 とにかく、チェ・ギョンの前では、おかしくなってまった二人のため(?)静養もしとれなくなった皇帝は、宮に戻ります。

 みんな落ち着け!! (笑)

Continue reading "宮 15話から17話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

陸小鳳伝奇3 決戦前後 古龍著 岡崎由美訳 早稲田出版

 陸小鳳シリーズの3巻目から読みました。
 そうです。邪道ですが、こちらの読みとしてあったのは、「古龍だから途中から読んでも読めるだろう」と(汗)

 古龍は、金庸と比べ、文体は冗長でなく、展開は素早く、どこを切り取っても絵になるのですが、刹那的で、行きあたりばったり(主人公はバッチシなんですが)で、まるで少年漫画の様。でも、女性の描き方は、社会勉強をしているせいかきめ細かく(その点は青年向き)、男性たちの友情もカッコいい。

Continue reading "陸小鳳伝奇3 決戦前後 古龍著 岡崎由美訳 早稲田出版"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2007

「死霊のはらわた」ミュージカル

 いやー、たまげました。

 amazon.comからのメールで、この作品のCDの予約が送られてきました。
Amazon.com: Evil Dead: The Musical (2006 Original Off-Broadway Cast): Music: Christopher Bond,Frank Cipolla,Melissa Morris,George Reinblatt,Ryan Ward,Jennifer Byrne,Jenna Coker,Darryl Winslow,Brandon Wardell,Tom Walker
 ちょっと、感動しました。
 かのサム・ライミ監督の出世作「死霊のはらわた」が、オフ・ブロードウェイ・ミュージカルになっているとは、知りませんでした。
 「死霊のはらわた」とは、血と臓物がいっぱいでてくる残酷映画のはしりです。でもね、恐怖って度が過ぎるとコメディーになるのです。
 説明では、モンティパイソンとか書いてありますので、多分笑えるホラー・ミュージカルなんでしょう!
 なんだか、ニューヨークに行きたくなったなぁ~


Evil Dead The Musical
公式サイトはこちら

 YouTubeで検索すると、番組でのパフォーマンスと、一部の曲を見ることができます。
 しかもABCでは、ロージー・オドネル・ショーがまだやっているとは(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 08, 2007

ハ・ジウォン ファンミ公式ページだ!

 ということで、告知ページが公開されています。

 2200人入る中野サンプラザホールに、2時間、1万円 高いか?安いか?
 たいていの洋楽のコンサートは、1万円前後が相場
 翻訳の海外ミュージカルは1万2~3千円
 劇団四季のミュージカルは1万円前後
 宝塚のS席は7千円くらい?
 オペラは、席にもよるけど、よい席は、ミュージカルの倍くらいかな?

 握手会があるようです(*^ ^*)ドキドキしますね。

 というか、2200人全員に握手は、ジウォンちゃんの腕が大変なことになりますぞ...
 かの中日ドラゴンズの名手、高木守道さんに優勝パレードのときの握手が原因で、腕の感覚が狂ったということを話されたとこを聞いたことがあります(次のときは、車でのパレードになったそうな)

 イベントが無事終了することを祈っております。

Ha Ji-won 1st Fan Meeting in Tokyo
IEの方が、問題なく見れます。

 続きがあります。

Continue reading "ハ・ジウォン ファンミ公式ページだ!"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

April 04, 2007

ハ・ジウォン、日本初ファンミーティング開催

 「チェオクの剣(茶母)」、「バリでの出来事」のドラマのほか、数多くの映画にも出演されているハ・ジウォンさんが、日本でファンミーティングを行うらしい。
 今までは、韓国スターのファンミは、男性がメインであったけど、女性が行うのは、彼女が始めてかな?
 チェ・ジウは、イ・ビョンホンのファンミのゲストだったけど、日本ではやってないよね?
 って、そもそも日本にファンクラブがあるのかぁ?

 5月26日(土)中野サンプラザだそうだ。多分いけないよう(涙)

リンク: innolife.net>>>韓国ニュース>>>エンタメ>>>ハ・ジウォン、日本初ファンミーティング開催.

 私にとってのハ・ジウォンさんは、「秘密」のキム・ハヌルの敵役。「リメンバー・ミー」のこれまた過去のキム・ハヌルにうつつを抜かすユ・ジテにそっぽを向かれる役が印象的です。
 猫系な顔が素敵です。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

« March 2007 | Main | May 2007 »