« November 2006 | Main | January 2007 »

December 30, 2006

"네멋"폐인(「勝手にしやがれ」廃人)達のこと

 2月に多分、ソウルに行きます。
 久々に、ロケ地めぐりの血が騒ぎます。
 けれど、今回は、連れがいるため、おおっぴらに行動はできない(^^;
 しかし、行っておきたいなと思っていたのが、「勝手にしやがれ(네 멋대로 해라)」の撮影場所。

 ギョンとボクスの待ち合わせのバス停とか、行ってみたいですよね?

 とういうことで、検索したところこんなページを発見!

드라마는 짧고 폐인은 영원하다(ドラマは短く、廃人は永遠)(chousun.com)

 見出しが、面白い(^^;

Continue reading ""네멋"폐인(「勝手にしやがれ」廃人)達のこと"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今晩9時からチャンネルNECOで「神鵰侠侶」放送開始!そして、イーフェイのインタビューも

 本日、2006年12月30日午後9時から10分程度の特番とともに、1話と2話が放送開始です(^^)
 また、公式ブログの情報2007年1月1日から、イーフェイちゃんのインタビューも放送されるそうです。

 放送までが長かった。
 日本版DVDも販売され、ツタヤ系列でレンタルも出来るという昨今、果たしてこれからの放送にインパクトがあるのかどうか疑問ですが、でもまあ、チャンネルNECOに9ヶ月ぶりに武侠ドラマが復活します。
 しかも、金曜の11時に(^-^) うれしいことです。祝福しましょう(^o^)/

 そして、まだ武侠ドラマを見たことがない方!

 このドラマは必見です!

 これは、一人の少年の半生を描いた話です。
 少年は、年上の女性の師匠から技の手ほどきを受け、また、幸運なめぐり合わせから、武術の絶技を会得します。彼は、師匠を女性として意識し、愛するようになりますが、師弟関係の婚姻が許されない時代、強い風当たりを受けます。それでも、彼は、世間のしがらみや常識を蹴っ飛ばして、女性への愛のために、そして生き残るために懸命に生きます。みなさんは、その姿に感動することでしょう。
 また、すばらしいワイヤーワークとCGによる格闘シーンに目が奪われることでしょう。
 そして、女性師匠の小龍女(リゥ・イーフェイ 刘亦菲)の可憐さに、心を奪われるでしょう。

 同じ時間帯にチャングム(大長今)も放送しています(私もファンです)が、今回はこちらを押します(^o^)/

 判官びいきです(^^;

 このドラマを視聴した時(現地DVD)は、いろんな欠点がありました。私は、当ブログでいろいろと書きましたが、日本版DVDで解消されていることは、確認済みです。

 私は、この放送が一部の好事家のためのものとならんことを、心から願っております。

チャンネルNECO

NECO「武侠ドラマ23」お知らせBlog

Continue reading "今晩9時からチャンネルNECOで「神鵰侠侶」放送開始!そして、イーフェイのインタビューも"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2006

多情剣客無情剣(下巻) 古龍著 岡崎由美訳 角川書店

 上巻を投稿して12時間後に、下巻も読了しました。
 昨日、図書館で借りてきたんですよ。
 今日はクリスマス・イブ(^^;

 先日の、ネロ皇帝ネタではないのですが、あれからDVD-Rは使えるようになりましたが、パソコンの調子が悪くなり、内蔵用のカードリーダーがマザーボードのUSBポートを認識しなくなったりと、毎年年末は、パソコンの調子がおかしいのは、恒例行事のようです。

 そんな、パソコンは、ほって置いて、本を読んでいたのでした。

 いまさらながら、言うのもなんですが、この小説はハードボイルドでした。
 私にとって、武侠小説は、「笑傲江湖」と本作以外は、捨ててもいいと思いました。
 もう、金鉱を掘り当てた感じです。

 フィクションだから、
 いいかげんで、いいじゃないですか?
 時代考証がなんでしょう?
 キャラクターが大量消費されてもいいでしょ?

 この話は、舞台にも映画にも適したものです。でも、ラジオドラマも良いかもしれない。

Continue reading "多情剣客無情剣(下巻) 古龍著 岡崎由美訳 角川書店"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

多情剣客無情剣(上巻) 古龍著 岡崎由美訳 角川書店

 私にとっての、初「古龍」です。
 おもしろいです。
 例えば、かつての少年ジャンプの敵がインフレーションを起こす漫画を小説にしたらこんな感じです。
 ライトノベルファンも、一読に値します<相変わらず、挑発的(^^;
 文章量は多いですが、14から15ページで、クラッと来たら、あっという間に400ページです(^^;
 帯の馳星周さんの言葉を借りると「なんとでたらめな、なんと行き当たりばったりな・・・そう呟きつつ、ページをめくる手はとまらない」という言葉は、本当です(^-^)

 ただし、金庸が「仮面の忍者 赤影」、「サスケ」ならば、古龍は「カムイ伝」、山田風太郎(^^;

 お子様と、青年向けとの区別をつけないといけません。PG15です(^^;

 あらすじは、こんなところ。
 主人公は、李尋歓。彼は、「小李飛刀」というあだ名を持つ江湖の番付第3位の男。ある雪降る晩。酒場で、女性の木像を彫っている彼の所に珍客が訪れ彼は、事件に巻き込まれていくのです。

Continue reading "多情剣客無情剣(上巻) 古龍著 岡崎由美訳 角川書店"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ネロ皇帝ご乱心(^^;

 ローマ皇帝ネロといえば、暴君の代名詞。ローマ市を自分の芸術の為に焼いちゃった皇帝様の、その偉業を称えて(^^;その名前を商品名にしたのが、Neroというライティング・ソフト。
 何でも、「焼くといったらネロでしょう?」だそうです。少なくとも、パトラッシュと一緒のネロ少年ではないのです。 
 確か、ドイツ製ですので...

 ライティングソフトも最近は、DVD-Rとかにおまけで付いてきて、なおかつ使えてしまうので、改めて購入することもないのですが、久々に障害がありましたので、備忘録がてら記載します。

 ものは、LITEONのLH-18A1Pに付属してきたnero7Essentials

 当方のシステムは、OSはWindows2000のSP4で、B's Recorder GOLDを使っとりましたが、このドライブを認識しなかったので、やむなく削除してインストール。
 それからが、悪夢の始まりでした...

Continue reading "ネロ皇帝ご乱心(^^;"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2006

x01htのアップデートで苦労

 ソフトバンクから、x01htについてのアップデート云々のメールが届いておりました。

 microSDかインターネットでもダウンロードができるとのこと、

 ふんふんと、指定のサイトに直行。

 SoftBank X01HT最新版のソフトウェアのダウンロード

 55Mもありました。でかいな~

 マニュアルどおり、アクティブ・シンクでつないでアップデートを開始しようとしたら...

Continue reading "x01htのアップデートで苦労"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2006

アイルランド

 地元のテレビ愛知で昼間に放送しています。
 吹き替えなのが残念ですが、仕方ないですね。

 ちなみに、「アイルランド(아일랜드)」は、前に取り上げた「勝手にしやがれ(네 멋대로 해라)」と脚本家がいっしょのはずです。
 4話までに、カメオ的に「勝手にしやがれ」の登場人物と、想い出深い場所が登場しますね(主要人物にもいますけど)。

 改めて見ると、なんて独り言の多いドラマなんだ(^^;
 しかも、名台詞が多いね(*^-^*)

 そしてやっぱり、難解だねぇ~
 私は、嫌いじゃないけどね。

韓国ドラマ アイルランド_テレビ愛知
テレビ愛知のサイト
ヒョンビン、イ・ナヨン出演 韓国ドラマ「アイルランド
ちょっとは、詳しい日本語サイト

アイルランド(韓国 MBC公式サイト)
要インターネットエクスプローラー(^^; ロケ地など情報満載

 さて、

Continue reading "アイルランド"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2006

コレガのブルーツース ワイヤレスヘッドフォンを買う

 近くの、パソコンショップで、コレガのブルーツース ワイヤレスヘッドセットを買いました。
 パソコン用のver1.2のusb受信機(cg-btusb01)と、ver1.1のハンズフリーのヘッドセット(cg-bths01)の組み合わせのものです。
 目的は、x01ht用のヘッドセットが目的。
 ヘッドセットは初期不良で、交換しましたが、後はあっさり認識。
 これで、自動車運転してても、受信時会話ができるようになりました。
 アマゾンいったんヘッドセットの電源を切ると、また本体と設定をし直さないといけないようなことが、ユーザー(携帯電話での利用者)のコメントでありましたが、とりあえず、x01htでは、そんなことは無さそうです。
 もう少し、使用してから、またレポートします。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2006

ウィンターソング(2005年中国)

 原題は「如果・爱」
 昨年、中国旅行時にバス停とかに宣伝していた映画です。
 以前、通販で購入していたため、簡体字でようやく視聴。

 ミュージカルというか、ミュージカル映画を撮影している場所が舞台の作品です。そのため、全編ミュージカルはちょっと...という人でも楽しめます。

 監督は、ピーター・チャン。「月夜の願い」「金枝玉葉」と、ラブストーリーの作品が多い人です。結構、期待できます。

 さて、中身は...
 ちょっと、ネタばれが入ります。

Continue reading "ウィンターソング(2005年中国)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クラシックが使われる映画

 世の中には、音楽人を題材にした映画は結構あります。それを、このたびは、紹介したいと思います。

 のだめの世界では、「変態の森」なんかがあるのですが(^^;
 結構、興味深い人が多いのですよ(^^;

 けれど、先日衛星放送で放映された「アマデウス」とか近日公開されるベートーベンものは、遠慮しておいて...

Continue reading "クラシックが使われる映画"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 07, 2006

のだめオーケストラLIVE!

 なんでも、最近は、クラッシックが流行ってるそうです。このドラマで取り上げられた曲が演奏されるコンサートは、席の売れ行きがいいとか...
 この名古屋地区も、クラッシックのコンサートは、本当に席が埋まらなくって(^^; よく、主催者から招待券が送られてくることもありました。最近は、どうでしょうね?

 さて、このCDは、フジテレビのドラマのために編成されたオーケストラの、ドラマのオフィシャルCDだそうであるが、事実上の漫画のサントラである。

 なんで、漫画か?
 漫画は、音がないから、何が、どうして、どんなに面白いのかがわからないからというのは、理由になってないが、解説からの引用がすべて漫画からなのであります(^^;

 と言うわけで、このCDもAMAZONで散見される。解説サントラのような位置付けです。
 けれど、このCDはかなりの芸達者です。「こんなことでお金とるかぁ」という内容も収録されています。

 果たしてこれは、良い事?悪い事?

Continue reading "のだめオーケストラLIVE!"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

張Pの歌は聞き飽きたんだって(^^;

 来年1月にチャンネルnecoにて放送予定の神鵰侠侶ですが、ブログによるとなんでもエンディングは、イーフェイの曲にすげ変るそうです。

 今年の旅行記には書かなかったと思うのですが、九寨溝のホテルで、黄龍に出発前に、張Pと黄暁明がテレビに出てて、神鵰侠侶のエンディング曲「江湖笑」について、熱く語っている番組がやってました。これが原因で、私は高山病になったのかもしれません<嘘です(^^;

 そんな、製作者にとって思い入れのある曲をすげ替えてしまうなんて、劇中曲を引用しまくった現地発売版DVDよりも、たちが悪いかもしんない(^^;ジョウダンデスヨ

 まあ、イーフェイの曲がどんなんかは、聞いていないので分かりませんが、私はどんな手でもこのドラマの人気が出てくれれば、いいので良しとしておきます。

NECO「武侠ドラマ23」お知らせBlog

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2006

x01htを買う(契約)したのです。

 ヨンさま携帯、A5505SAは良い携帯である。韓国で使うには、なに不自由しません。けれど、中国はどうでしょうか...

 (T-T)ガーン

 まともに使えません。いつになったら、メールが使えるようになるんだよう~
 ショートメールを受け取るだけじゃつまんないよう~

 ということで、Softbankの予想外割引に魂を売りました。
 そうです!x01htを契約したのです<先月

 なんでか、
1 カメラ付、エディター付のPDAになる(だろう)と思ったから
2 国際ローミングが標準だから
3 ウィルコムの機体は、デカかったから

 入荷するまで1週間待ちました。携帯の分割払いは、1年にしました(すぐ、古くなると踏んで)。

 それからが、苦難の連続であったのです(T-T)

Continue reading "x01htを買う(契約)したのです。"

| | Comments (0) | TrackBack (4)

« November 2006 | Main | January 2007 »