« September 2006 | Main | December 2006 »

November 26, 2006

私のクラッシック鑑賞のバイブル

 私が、主な趣味の中でも、映画とクラッシック音楽にはバイブルというべき書物があります。

 映画は、現在の映画秘宝の前身である別冊宝島の「映画の見方が分かる本」(絶版)
 この本の序文を、教授になる前の四方田犬彦さん、「誰でも映画評論家になれる!」と檄文調で書いてあるのが印象的です。

Continue reading "私のクラッシック鑑賞のバイブル"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「のだめカンタービレ」について

 さて、月曜9時のフジテレビ系列で放送中の「のだめカンタービレ」を見ています。
 このドラマは、その企画段階から興味がありました。
 「のだめカンタービレ」フジテレビ

 原作は、ご存知の通り漫画です。
 漫画は音が聞こえてこないのに、音楽しかもクラッシックを主題に持ってきている点に作者の冒険心を感じます。
 やはり、クラッシックは、教養がないと(@_@;なのは確かで、
 「何が、何で、どんなに凄いのか(又は駄目なのか)」分かりません。私も、漫画で取り上げられた全ての曲を知ってません。聞いたことも無いのもあります。
 そんな敷居の高さを和らげるために、ラブコメにしてるんでしょう。これは、成功してると思います。

 この漫画は、東京上野駅のアトレ上野にある明正堂書店で始めて拝見しました。
 明正堂ホームページ

 この本屋の手書きPOPは、何時行ってもうまく作られていて、ついつい予定外の本を買ってしまいますが、今のところはずれはないです(2打数2安打ですが^^;)。
 さて、この本屋では、漫画は1巻だけ立ち読みが出来、時間つぶしのつもりで読んだ本が、この「のだめカンタービレ」でした。POPにどんなことが書いてあったのかは忘れましたが(もう2年くらい前ですので)、ふらっと立ち寄って興味を示すようなことは書いてあったと思います。

Continue reading "「のだめカンタービレ」について"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 23, 2006

11月25日NHK総合で チェオクの剣(茶母)特番だ!

 平成18年11月25日午後11時10分、NHK総合にて「パーフェクトガイド チェオクの剣」なるものが放映されます。

チェオクの剣(NHKオンライン)
茶母(iMBC 韓国公式サイト)


Continue reading "11月25日NHK総合で チェオクの剣(茶母)特番だ!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2006

「サムディ(썸데이)」本国で放映中

 名古屋ロケした韓国の有料ドラマチャンネルOCNの「サムディ(썸데이)」ですが、本国では、好評のようです。

 うれしい限りですね(^^)
 早く、日本で公開されないでしょうかね。

ドラマ「サムディ(썸데이)」を放送しているOCN

ペ・ドゥナ『サムデー』で流ちょうな日本語(中央日報)

ケーブルドラマ『サムデー』、一部支持者に大好評(朝鮮日報)

ドラマ製作元の「yellow film」

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 12, 2006

タクシーに乗ったら

 運転手が有名人だったどうします?

 とりあえず(^^; サインは貰いたいですね。

 韓国のスター、イ・ビョンホンさんが、1ヶ月間タクシーの運転手となっていたそうです。
 どうやら、市井の状況を把握しようと降臨したものと思われます(^^;
 なんて書くと、「ローマの休日」、「王子と乞食」、それとも「遠山の金さん」(^^;

 とはいえ、なんとまあ微笑ましいことでしょうか?
 これも、役作りの一環なんでしょう(^^)

 でも、運転が上手だったかは不明ですね(^^;

イ・ビョンホン「顔隠して1カ月間タクシー運転した」(中央日報)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ペ・ドゥナ来名のその後

 通っている、韓国語教室に、ペ・ドゥナ、キム・ミンジュンなどのサインが飾ってありました(T-T)

 次こそは...(って、そうそうこんなチャンスは無いんだが)

 そうそう、名古屋ロケした「Someday」本国では、もうそろそろ放映されているはずです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

音楽が差し替えられてる「勝手にしやがれ」

 「勝手にしやがれ(A Bout de Souffle)」と言えば、ゴダール!いろんな人に影響を与えたヌーベルヴァーグ期の作品です。原題と邦題はまったく意味が違います。ちなみに、ハリウッドでも、「Breathless」としてリメイクされてます(主演はリチャード・ギアだったりするのだ)。

 さて、これは、BS日テレで放映中の韓国ドラマ「勝手にしやがれ(네 멋대로 해라)」です。直訳すると「お前!勝手にしろ!」ってな感じか?

 このドラマのBGMがなぜか差し替えられてます。
 オープニングも違うし、ハミングというか、これを聞くと涙腺が緩むBGMの部分が、バラードになってます。
 まあ、大人の事情でしょうかね....

「勝手にしやがれ」(BS日テレ)
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

おねがいマイメロディ くるくるシャッフル

 私は、Cartoonが好きです。
 Cartoonとは、簡単に言えば、子供向けアニメーションです。
 カートゥーン - Wikipedia

 特に「トムとジェリー」が好きで、もちろん「ハンナ&バーバラ」の頃の作品が好きですね。チャック・ジョーンズ、チェコ製、トムが蝶ネクタイをしているのは、好きではありません。

Continue reading "おねがいマイメロディ くるくるシャッフル"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2006

Yahoo!ニュース - Record China - 眠くてもかわいいへたれ子パンダ―四川省臥龍市

リンク: Yahoo!ニュース - Record China - 眠くてもかわいいへたれ子パンダ―四川省臥龍市.

 一見説明がないと、パンダ達の野垂れ死にの姿に見えますが、違います(^^;
 四川省臥龍地区のパンダ研究センターでは、今年17頭の赤ちゃんが誕生したそうです。
 記念撮影のため、担ぎ出したら、パンダは夜行性なので、眠てしまったそうです。

 ふむ、リアル「たれパンダ」だ(^^;
 寝てても可愛いよのう(^^)

 この施設は、たしか子供パンダも触ることができる場所として有名です。ただ、成都からバスで4時間とか聞いたことあります(^^;

 たぶん研究所の公式ホームページ
 臥龍大熊猫倶楽部
 中文ページから入ると、パンダの写真も見れます。

 NHK教育のアニメ・ブルーナのえほん「ミッフィーと おともだち」風のナレーションで言うと...
 「パンダちゃんは、ちいさいので、おねむなの...」(声は、長沢彩ちゃん)

ネタ元
レコードチャイナ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2006

内地版 神鵰侠侶 2007年1月から放送開始! ちゃんと音楽差し変わってました(^^;

 本日、近所のツタヤで「内地版 神鵰侠侶」のDVDをレンタルしました。
 目的は、もちろん「噂の」音楽が差し替えられているかどうかを確かめるため(^^;

 我ながら、厭らしいなぁ(^^;

Continue reading "内地版 神鵰侠侶 2007年1月から放送開始! ちゃんと音楽差し変わってました(^^;"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2006

「勝手にしやがれ」放映中

 BS日テレは月曜9時が、韓国ドラマ枠なんですが、今週からは「勝手にしやがれ(네 멋대로 해라)」が放映されています(^-^)
 (ちなみに、先週まで「ごめんね、愛してる(미안하다 사랑한다)」を放映)

 このドラマは、お勧めですぞ(^^)/
 やっぱり定番の不治の病モノなのですが、スリを生業とする主人公(男性)が、残りの人生を「より良く生きようと」努力するお話です。
 主人公は、身分違いの恋、三角関係のもつれ、複雑な親子関係、臑に傷を持った過去などの業を背負いながら一生懸命に生きようとします。
 見ていて目頭が熱くなりますよ(T-T)

 でもまあ、今までは、役者がどっちかというと知名度が低い(脇役のイ・ドンゴンくらいかな?)ため、日本では、一部のストリーミングぐらいしか紹介されてませんでした。
 これで、ちょっとは韓国ドラマを見直してくれると嬉しいのですが、BSデジタル放送だからなぁ~
 難しいねぇ~

PICK UP/アジアドラマスペシャル 韓国ドラマ「勝手にしやがれ」(BS日テレ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レントのお酒?

 先日、居酒屋でこんなお酒を見つけました(^^)/

 黒糖焼酎「れんと」

 単純な私は、すっかりミュージカル「RENT」ファンの酒だろうと思って注文しましたが、酒は好きだけど強くない私には、ちょっと強いお酒でした(^^;

 やはり最近の流れか、ちゃんとHPもあり、それによると

 「れんと」(Lento)とは、音楽用語で「ゆるやかに、ゆっくりと」という意味です。

 へぇ~、なるほどRent(家賃)じゃないんですね(^^;

 また、

 貯蔵タンクに一定の音響振動を加え、熟成を促すという製法(国際特許)をとっています。約3ヶ月間クラシックを聴かせる事により、「ゆっくりと」熟成されていきます。

 ほほう(^-^)、今年はモーツァルト生誕250年、最近はドラマで「のだめカンタービレ」も放映されています。これを飲みながら、クラッシックでも聞いてください(^^)/
 先日酒屋で1升ビンで約2千円で売ってました。興味のあるかたはどうぞ(^^)/

醸造元は、こちら
黒糖焼酎「れんと」「紅さんご」醸造元|奄美大島開運酒造
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2006

名誉王トレントの決断 魔法の国ザンス17

 待ちに待った新刊です。今年の9月に発売されていたのですが、多忙でチェックを忘れてました(^^;
 いやはや、「魔法の国ザンス・シリーズ」は足掛け20年以上のファンですが、飽きませんねぇ~
 現地(アメリカ)では二十数巻を超えている本シリーズ、ペリー・ローダン、グイン・サーガや山岡宗八の「徳川家康」よりも現時点では、巻数が少ないので、興味がありましたら、是非とも1巻の「カメレオンの呪文」から、お読みください。
 いつぞやかの後書きを引用しますが「まだ、このシリーズを知らないなんて羨ましいなぁ(^^)」
 昔は、徹夜してでも1日で読んだのですが、最近は、ちょっと時間がかかるなぁ~

 さて、今回の主人公は、ゴブリン/ハーピィのグローハ、彼女は19歳のお年頃、自分に適した連れ合いを見つけるために、魔法使いハンフリーの元へ、1年の奉公を覚悟に行くところです。
 けれど、過去に受けたハーピィ族の呪いで、この世に男のハーピィは父親だけ、しかも母親はゴブリンといった、混血で世界で唯一無二の存在。
 果たして彼女に適した連れ合いは見つかるのでしょうか?

Continue reading "名誉王トレントの決断 魔法の国ザンス17"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

武侠映画の快楽 岡崎由美、浦川留著 三修社

 先日、チャン・イーモウ監督の「HERO(英雄)」を鑑賞しました。
 途中から見たため、リー・リンチェイとドニー・イェンの見せ場はすっかり見逃しました(^^;
 そのため、無名(リー・リンチェイ)と残剣(トニー・レオン)と飛雪(マギー・チャン)の虚実入り混じった話を見ました。
 この映画の公開当初は、チャン・イーモウ監督が古装篇(武侠映画)を撮るということに違和感があり、また評判もあんまりよくなかったので(^^;見てなかったのですが、
 奇麗じゃないですか(^-^)
 かねてから、殺陣はダンスと同じと言う言葉に同感していたため、その素晴らしさに驚嘆し、朱、青、白、緑の舞台の様式美に感心しました。
 また、九寨溝の場面も拝見できよかったですね。

 さて、この本ですが、

Continue reading "武侠映画の快楽 岡崎由美、浦川留著 三修社"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チェオクの剣 ついに地上波だ!

 久々です。
 秋は、行事が多くて困ります(^^;

 さて、NHKオンラインによると、「チェオクの剣(茶母)」平成18年12月2日(土)午後11時10分から放映が決定しました。(時間はまだ予定の様ですが...)

 長い!長かった、チャングムが長かった...
 BSでは、この間に、この「チェオクの剣」、「グッキ」そして「春のワルツ」が放映されているというのにねぇ~

 これで、韓流風武侠ドラマが、地上波に登場だ!
 「チェオクの剣」は、すでにDVDでレンタルされているし、元ネタが同じのカン・ドンウォン、ハ・ジウォン主演の韓国映画「デュエリスト」の放映もとっくに終わってDVD売っているこの世の中だけど、
 BSで一部の熱狂的なファンを作ったチャングム(大長今)も、やはり、地上波で放送されてから大衆に人気が出ました!

 だから、私は期待しているぞ(^o^)/
 日本における武侠の夜明けは近いぞ(^-^)/

チェオクの剣(NHKオンライン)

Continue reading "チェオクの剣 ついに地上波だ!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | December 2006 »