« 車で神戸女学院大学に行く | Main | 「帰還 ゲド戦記最後の書」ル=グウィン作 清水真砂子訳 »

July 30, 2006

XTC.2006に行く

 なんか、先週と似たような内容ですが(^^;
 XOOPS(公式サイト)というのは、ご存知でしょうか?
 Blogを始め、最近の企業サイトには、CMS(コンテンツ マネージメント システム)といったシステムを採用する企業が多くなってきました。
 あんまり、面白いページは作ることが出来ないのですが、「タイトル」「文章」「絵」があれば、簡単に更新が可能というものです。
 しかも、XOOPSは、そのCMS、しかも国産のオープンソース・ソフトなんです(^^)
 ということは、ソフトウェアの開発者達を拝見することができる絶好な機会なわけです。

 そんな、会議(というか商品発表会)が、密かに名古屋で開催されるなんて、イカシてますので、行って来た次第です。

 

 場所は、国際会議場(^o^)
 名前からイカシてます(゜゜;)\(--;)オイオイ

 この日は、雨に祟られてしまいましたが、会場は満員。

 集まる人は、そうですね~

 「オフ会」の様な感じです。

 以上(^^;

 印象に残ったセッション

 「XOOPS Cube はWiiである」
 XOOPSの次世代VerのXOOPS Cubeは、コアをベースにして、下位互換が出来るように、ヴァーチャルな環境を構築できるようにして、以前はバージョンアップするたびに、修正を余儀なくされたカスタマイズを容易に継承できるようにしたそうです。
 開発者のminahitoさんによると、任天堂のWiiが、かつてのファミコンやらのカセットをエミュレートできることに、閃いてこの仕組みを思いついたとか... とにかく、ゲーマーらしいminahitoさんのセッションは、面白かったです。
 XOOPS Cubeは、まだalpha版だそうです。

 「ガンビットならぬキュンビット」
 XOOPSのモジュール自動生成ソフトのキューブソン(Cubson)のGUI版では、RPG(ノリが、ソードワールドRPGって誰も知らんな15年くらい前のPC-98ソフト)の様に、ミッションをクリアすると、モジュール(CMSを機能強化するサブプログラム、CGIのようなもの)が作れてしまうと言うものだそうです。
 これも、ファイナルファンタジー12の、キャラクターの行動をカスタマイズするガンビットを見て、閃いたそうです。
 このソフト(2Gメモリでもしんどいらしい)も、年末の公開に向けて作業中だそうです。

 別に、他の人が、詰まらなかったと言う訳ではなく、それだけ、インパクトがありました。
 minahitoさんは、プレゼン上手だと思います。

 私も、XOOPSを職場で部下を騙して、サーバに環境を構築させたりなどしていたのですが、いまいち要領がつかめなかったのですが、なんとなく足りない部分が良くわかると言う内容でした。すぐにでも試してみたくなりました(^^)

 そういえば、このカンファレンスの運営費って、どうやってまかなってるんでしょうか?
 やっぱり協賛金でまかなってるんですかね?

|

« 車で神戸女学院大学に行く | Main | 「帰還 ゲド戦記最後の書」ル=グウィン作 清水真砂子訳 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75616/11154476

Listed below are links to weblogs that reference XTC.2006に行く:

« 車で神戸女学院大学に行く | Main | 「帰還 ゲド戦記最後の書」ル=グウィン作 清水真砂子訳 »