« June 2006 | Main | August 2006 »

July 30, 2006

「帰還 ゲド戦記最後の書」ル=グウィン作 清水真砂子訳

 映画の「ゲド戦記」も公開されました。

 お客さんは、入っているようですが、内容はどうでしょう?

 映画にするには、派手でないので(^^;
 結構、宮崎アニメは、色彩豊かな街と、美味しそうなご飯と、グロテクスなものが入り混じったアニメなんですが、私には、このアニメの原案になった3巻と4巻からは、そんな光景が想像できない^^;
 あと、テレビの予告編もちょっと、「なんだかな~」な作りで、それでも期待はしてるんですがね。

 さて、前巻と時間的に重なった時期に、始まります。
 なんといっても、この物語の主人公は、ゴハ、彼女の何気ない日常を送っていたところ、大やけどをした女の子の治療を引き受けることになります。彼女の名はテルー。そんな時期に、かつての恩師オジオンからの使者がやってきます。

Continue reading "「帰還 ゲド戦記最後の書」ル=グウィン作 清水真砂子訳"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

XTC.2006に行く

 なんか、先週と似たような内容ですが(^^;
 XOOPS(公式サイト)というのは、ご存知でしょうか?
 Blogを始め、最近の企業サイトには、CMS(コンテンツ マネージメント システム)といったシステムを採用する企業が多くなってきました。
 あんまり、面白いページは作ることが出来ないのですが、「タイトル」「文章」「絵」があれば、簡単に更新が可能というものです。
 しかも、XOOPSは、そのCMS、しかも国産のオープンソース・ソフトなんです(^^)
 ということは、ソフトウェアの開発者達を拝見することができる絶好な機会なわけです。

 そんな、会議(というか商品発表会)が、密かに名古屋で開催されるなんて、イカシてますので、行って来た次第です。

 

Continue reading "XTC.2006に行く"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2006

車で神戸女学院大学に行く

 車で神戸に行ってきました。(当初は、名古屋でちょっとした会合の予定があったのですが、欠席して)
 主目的は、神戸女学院大学のオープンキャンパス!
 といっても、私はその該当でなく(高校生じゃないのでね)、その日のイベントとして、内田樹先生(直に教えてもらっていないのに先生と言うのもおこがましいですが)が、「僕が女子大学を薦める訳」という題での講演を拝聴するためです。

Continue reading "車で神戸女学院大学に行く"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2006

ハリウッド版「イルマーレ」

イルマーレ(原題 The Lake House)ワーナーブラザース

 版権が売られたという話は知ってました。
 撮影されているのも知ってました。
 主演が、キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックという「スピード」コンビというのも知ってました。

 その韓国映画、日本公開タイトル「イルマーレ」(原題 時越愛「시월애」)が、先月、全米で公開されたそうです。
 しかし、「カーズ」の足元に及ばす、ちょっと苦戦を強いられています(現時点で公開中)。というか、公開時期を間違えてませんかね?
 ちなみに、Box Officeの詳細は、アメリカのYahoo! Moviesでも御覧ください。

Continue reading "ハリウッド版「イルマーレ」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2006

下北サンデーズ 第1回

 なんか、スーパー一座のことを書いたら、この間みたこのドラマのことも書きたくなってしまいました。

 その日の新聞のテレビ欄に、石田依良、堤幸彦、藤井フミヤの3者が、

 「ポジティブなビンボーライフ」というのは、現在あるのか?

 という、テーゼを元に創作されたドラマだそうです。

 結構興味惹かれます。
 ビンボー劇団といいながら、ちゃんと美男美女が集まっているのが、テレビですので仕方ないのですが(脇がお笑いだし)、これから濃い展開の話が展開していくことを期待しております。
 これが、ほぼ、現地調達だと、大変ですが、ドキュメンタリーになって良いと思うんですがねって、自主製作映画かYoutubeのネタのようだね。

木曜ドラマ [ 下北サンデーズ ]

Continue reading "下北サンデーズ 第1回 "

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大須オペラ 青ひげ

 名古屋の夏の大須演芸場は、スーパー一座の大須オペラが定番となりました。

 というのは、今回はチケットを確保するのが大変でした。
 前に見たのは、「ブン大将」(2001年古い!)あのころは、まだ週末でも当日券は劇場で手に入った覚えがあります(^^;

 それが、販売後1週間前後で週末の公演は、ほぼ完売(^^;

 よって、前フリの台詞になるのです。

 さて、肝心の中身ですが...


 

Continue reading "大須オペラ 青ひげ "

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ゲド戦記3巻「さいはての島へ」 ル=グウィン作 清水真砂子訳 岩波書店

 この夏、公開される「ゲド戦記」は、どうやら3巻と4巻の内容らしい。
 だが、試写会の案内とかを読むと、アレンジしているらしい。


 ゲド戦記は、戦記という割りには、内面的な葛藤を表現した心理ドラマです。

 この巻のハイタカ(ゲド)は、大賢人になっています。恩師オジオンもまだ健在のようです。なんだか嬉しい^^

 「どうやら、ちまたがおかしくなっている。世界の周辺から魔法が失われていく」そんな報告を受けた賢人たちは、協議の上ハイタカを調査のため派遣する。
 ハイタカは、それに応え一人の少年を共に、「はてみ丸」と共に旅に出るのであった...

Continue reading "ゲド戦記3巻「さいはての島へ」 ル=グウィン作 清水真砂子訳 岩波書店"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

吾輩は主婦である 第6週~第8週

 吾輩は、死なず、ただ消え去るのみ...


 はい、終わってしまいましたね。あっというまの8週間でした。
 いろいろな人物が登場し、イベントを起こし結局ふりだしに戻ってしまいましたが、この手法も昔から多々ありますね。
 物語も3ヶ月の話だったようで(^^;
 ちょっと、3ヶ月ににしては、雑誌の連載、出版とありえないような展開でした。
 いいです。架空の話ですのでね。

 話の中身は、どっかから分かると思いますので(^^;;;;

 やはり、ちよこ役の竹下恵子さんに1000点さんは敢闘賞ものだったと思います。(私の世代は、クイズダービーですので)

 DVDも販売されるそうです。

Continue reading "吾輩は主婦である 第6週~第8週 "

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2006

「宮」面白そうですね

 現代韓国にまだ王家が存続していたら...という設定のマンガが原作の「宮」が、スカパーのMnetで放送を開始した模様です(先週から)。
 模様というのは、私は見れないから(^^;

 昨日、これまたスカパーのMusic on! TVで番組宣伝特番を放映したのを見ました。

 うう(>_<;
 羨ましい

 久々のラブコメってやつです。
 韓国は、悲恋もいいのですが、コメディもイカシテます。

Continue reading "「宮」面白そうですね"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2006

旅チャンネル 「マイカーで海外!」を見る

マイカーで海外!下関~釜山~ソウル激走旅

 マイカーで韓国に行くことが出来ます。これは、ちょっと知られた事実です。
 一時的な輸出となるんだそうですし、費用が高いのですがね。

 でも!この方法があれば、大抵のロケ地に行ける!(^^;

 公共交通機関ではどうしてもいけない、三養大関嶺牧場に行くことが出来る(*^o^*)
 「ブラザーフッド」の戦場
 「恋愛中毒」の牧場
 「秋の童話」の2人の木があるところ
 「永遠の片思い」のチャ・テヒョン、イ・ウンジュ、ソン・イェジンが雨宿りする木
 これらが、あるところだ!

 さて、スカパーの旅チャンネルでは、東京からソウルを経てDMZ近くまで、マイカーで行ってしまう企画番組を放送してます。
 私は、昨日気づきました(^^;

 旅のメンバーは、田上順唯さんと岡本博暢さん。この岡本さんが変なテンションで、この半ばドキュメンタリーを引っ張ります。
 つっこみどころ満載ですが、こういった旅行記も面白いと思います。

マイカーで海外!下関~釜山~ソウル激走旅(旅チャンネル)

ようこそ関釜フェリーへ!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2006

イーフェイ(劉亦菲)「真夜中のドア」解禁とイーフェイ公式サイト

 テレビ東京系「出ましたっ!パワパフガールズZ」を見ました。
 エンディングテーマは、我らが劉亦菲(リウ・イーフェイ)の曲です。
 まともな日本語歌声、そして英語のラップ(というかスキャット)が聞けます。
 以下の、ソニーミュージックのサイトでは、MVの一部も視聴できます。

Sony Music Online Japan : イーフェイ

 なお、テレビの宣伝では、以下のサイトも紹介されていました。

yifei イーフェイ(公式サイト)

 おお!早速拝見!

 スペシャルでは、彼女の立派な日本語メッセージが聞けます(*^O^*)
 しかし、IE5.5以上でないとビデオ見れないです(^^;

 中文サイトもあります(^^)v
 中華圏の方もご覧ください。

Continue reading "イーフェイ(劉亦菲)「真夜中のドア」解禁とイーフェイ公式サイト"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »