« デイジー(2006年 韓国) | Main | 岐阜県養老町の「ゆせんの里」に行ってきました。 »

June 11, 2006

RD-XS32が故障した

 私は、2004年3月末から、HDD+DVDレコーダを利用しています。
 物は、東芝RD-XS32。今となっては、時代遅れのHDD:80G、RAM3倍速、DVD-R4倍速である。
 個人的には満足してます。パソコンでテレビ番組を録画していた頃と比べると、格段に楽になりました。
 自動的にチャプター振ってくれるし、専用機だからDVDを焼くことも問題なし。
 確かに、当時は推奨メディアは高かったし(今は、当時の半額ですが)、DVD認識に時間かかるし、削除すると復活できないし(^^;
 それでも、満足に使用してました。(それは、テレビを視聴する姿勢が変わったのが大きいですね。いわゆる、麻薬的な依存性が発生したからです。まあ、これは、別の機会に書きます。)
 個人的には、「CRRM録画できるDVD-R DLで4倍速程度録画できるようになれば買い換えかな?」と思ってました。

 そんな、RD-XS32にDVD-Rのメディア認証が出来ないエラーが発生しました。

 もともと、インターネット上では、「ドライブがメディアを選ぶ」、「機能は良いがDVDドライブがいけない」など、いろいろと問題があったRDシリーズですが(^^;
 私の場合は、DVDを焼く途中に(大体3%くらいで)「メディアエラー」を起こすのです。クリーニングをしても駄目。しかしRAMへのムーブは可能でした。

 ここで、新品という選択肢もありました。確かに修理は、部品代金よりも技術料にお金が取られる時代。新品を購入した方が、はるかに安上がりというのは、ひとつの真実でした。
 しかし、一応販売店の5年間保証制度に入っているので、大体7割戻ってくる目論見もあり、行うことにしたのです。

 そこで、東芝のサポートに連絡。連絡は、先週の日曜日。サポートへは、3分程度待たされたがすんなり繋がり、症状を説明する。すると、火曜日以降なら何時でもいいとの返事。さすがに平日は、仕事があるので、土曜日にしてもらう。サポートによると時間と費用については、当日連絡があるとのこと。

 さて、土曜日朝、作業員から電話がかかってくる。いろいろと込んでいるみたいで、昼過ぎになるとのこと。電話が終わった後で、費用のことを聞かなかったことに気が付く(^^;;;;
 急ぎ、お金を下ろしに行く。

 作業員は、約束どおりに来ました。症状を確認した上で、修理を始めました。本体のふたを開けると、意外と中がスカスカなのが分かりました。目立つ部品は、DVDドライブ(5インチベイ形状SDW-3002)とHDD(これまた、自作派には見慣れたマクスター)くらい。
 作業員もユニットごと交換といった作業しかしないそうです。

 作業は、30分程度で終了。作業員は、「初回ですので、費用は結構です」ということで、修理代金の請求ありませんでした(@_@;

 とにかく、直ってよかったです。

 もし、RD-XS32/35でDVD-Rが焼けないなどの障害をお持ちの方は、保証期間外でも、自己責任で修理しようとせず、東芝のサポートに連絡するのをお勧めします(^o^)/

|

« デイジー(2006年 韓国) | Main | 岐阜県養老町の「ゆせんの里」に行ってきました。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75616/10475214

Listed below are links to weblogs that reference RD-XS32が故障した:

« デイジー(2006年 韓国) | Main | 岐阜県養老町の「ゆせんの里」に行ってきました。 »