« April 2006 | Main | June 2006 »

May 21, 2006

祝!日本発売 神鵰侠侶

 内地版 神鵰侠侶が、いつものMAXAMさんから、発売されることが公表されています(^^)
 さあ、みなさん、貯金しましょう(^^)

神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)(MAXAM)

 しかも!
-----ここから-----
★『神雕侠侶』特設サイト6月オープン & 第1話ダウンロード配信(プロモーション用)も開始!

★徳間書店より、原作の文庫化決定! 全5巻全ての帯に、ドラマ写真使用!
 価格:各840円 1巻(6月9日)・2巻(7月7日)・3巻(8月4日)・4巻(9月8日)・5巻(10月6日)

★充実の特典満載!
 セルBOX1:解説書(頁数未定)
 セルBOX2:メイキング映像 他
-----ここまで-----
 DVD発売に合わせたように、原作も文庫化されます。
 (そういえば、碧血剣の3巻増刷してくれよー)

 こうなったら、どっかの心ある放送局が放送してくれることを期待するのみです(^ー^;

 あ!でも、音楽問題が...

 そうそう、サントラが、本土で発売のようです。
Condor Hero 2006 TV Series Soundtrack (OST) (China Version) (YesAsia.com)
 前に、カートに入れて置いた「中視版 笑傲江湖」のサントラと共に注文...あれ? 注文できないだって(--メ)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 20, 2006

ダビンチ・コード(ダン・ブラウン著 越前敏弥訳 角川文庫)

 私は、未読ですが、宗教象徴学者 ロバート・ラングドン シリーズの2作目だそうです。
 そして、当然ながら、本日から公開された、ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演の「アポロ13」コンビが手がけた、同名タイトル映画の原作です。

 ロバート・ラングドンは、講演のためパリに滞在中に、殺人事件の容疑者にされる。
 彼は、被害者の孫娘と共に、自らの疑いと聖杯を巡る冒険に巻き込まれる...


 ここからは、ネタバレです。

 

Continue reading "ダビンチ・コード(ダン・ブラウン著 越前敏弥訳 角川文庫)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2006

レント(2005年 アメリカ)の予告編(BlogPet)

brickは
いろいろ書きましたけど、これもこの作品を愛するが故のことです(^^いい加減前の方でソフトパワーの事を書いておいてなんですが、本当に、日本で、できれば地上波で放映してほしいものです。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぱんだ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2006

レント(2005年 アメリカ)

 映画版のレントを観てきました。
 そうなんだ、舞台のレントも10周年なんですね。そして、この作品を作り上げた、ジョナサン・ラーソンさんが亡くなって、10年という歳月が経とうとしています。早いものです。
 現在、ブロードウェイで10年以上、上演している作品は、「オペラ座の怪人」、「美女と野獣」そして、「レント」くらいです。この中で、オフ・ブロードウェイから這い上がってきたのは、この「レント」だけです。
 しかし、ジョナサンは、この栄光を見ることなく、1996年1月に他界します。本人の名誉のために記述しておきますが、ドラマのようなエイズじゃないですよ。彼が亡くなった日は、この舞台のワークショップ中だったそうです。
 そんな、悲劇性の高いこの作品は、上演当初から映画化の話はありました。でも、10年かかりましたね。その分、余分なモノが、削ぎ落とされ簡潔になってます。(どうでもいい話ですが、舞台版のCDは、スピルヴァーグ等が立ち上げた、ドリームワークスのレコード部門から発売されました。だから、当初は、映画もドリームワークスが製作するかと思ったものです。)

 ここからネタバレです。

Continue reading "レント(2005年 アメリカ)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 17, 2006

イルマーレ(2000年 韓国)

 本日、衛星放送で放送されていましたね。久々に鑑賞しました。
 私の韓流は、ここから始まったと言っても過言ではありません。
 けれど、初めての鑑賞は、2003年ビデオでした。
 確か、その当時はワールドカップが終わり、年明けに「猟奇的な彼女」が流行った後、「冬のソナタ」がBSで放送されていた時期だったと覚えてます。

 韓国で同じ時期に上映されている「リメンバー・ミー」(2000年韓国)と、話がかぶるのですが、製作開始は、こっちが先だそうです。ちなみに私は、「リメンバー・ミー」では、主役のキム・ハヌルさんより、脇役のハ・ジウォンさんに注目したクチです(^^;

あらすじ:
 1998年に住んでいる男性と、2000年に住んでいる女性の文通が主軸となる作品。
 時を隔てた二人を結びつけるのは、古風な郵便受け。

 会えそうで、会えない
 (自分は)知っているのに、(君は私を)分からない

 そのもどかしさが、大変よろしい(^^)

Continue reading "イルマーレ(2000年 韓国)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 12, 2006

レント(2005年 アメリカ)の予告編(BlogPet)

きょうぱんだはミュージカルへ上映したかも。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぱんだ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2006

アジアンパラダイス: 劉亦菲(リウ・イーフェイ)が初日舞台挨拶!

リンク: アジアンパラダイス: 劉亦菲(リウ・イーフェイ)が初日舞台挨拶!.

 はい、ということで、神鵰侠侶を見終わり興奮冷めやまない管理人ですが、そうなんですね。小龍女役の劉亦菲(リウ・イーフェイ)さんの主演映画「五月の恋」も、今月の6日から、東京で公開されているのですね。
 あ~、うらやましい。

 なんでも、文化放送のアジアエンターテイメント情報番組(放送は終わってしまったそうですが、インターネットで情報提供をしております)、「アジアンパラダイス」のインターネットラジオで、平成18年5月12日から彼女のインタビューが放映されます。Podcastでも提供されるそうだぞ(^^)

 

チャンネルnecoさんの、天龍八部インタビュー以来の、彼女の生声が聞けるチャンスだ!(^o^)/

 ちなみに、私は、この映画の台湾版DVDを入手しているが、神鵰侠侶で塩漬け状態だ(^^;

五月の恋 (台湾版)(DVD)(YesAsia.com)

神[周鳥]侠侶 (完) (中英文字幕) (中国版)(YesAsia.com)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2006

内地版 神鵰侠侶 第36回~最終話

 見終わりました(^^) なんでもそうですが、寂しいものです。
 郭襄が登場してから、物語は彼女の視点から語られることになります。
 かなりの時間があるため、いろいろと盛り込んでますが、みなさんも満足すると思います。

 あんまり書くと、これから鑑賞するであろう、みなさんのために良くないので詳しく書きません。私は、大変満足しています。
 ただ、このblogでも何度でも書いているようにBGMは、まるで駄目です。(注 日本版では差し替えられています。)
 それ以外の出来は、良いと思います。
 音楽は、借用が多いため放映するには、いろいろと許可(そもそも、許可を取っているのか?使用料は?)などの、権利関係がクリアできれば、日本でも放映できるでしょうし、販売もされると思います。
 それだけに、惜しい、惜しいです。

 このままでは、この作品も、マニアだけで流通するものになってしまいます。

 そんなことは、断じて許してはいけません!

 現在は、ソフトパワーの時代です。韓流しかり、元はといえばハリウッドだってそうです。ユニバーサル・スタジオやディズニーランド、これらテーマパークに行ったことのある人は、知らない間に浸透しているソフトパワーの魔力に犯されているのですよ(^^;
 このドラマの製作者は、中国国内の流通だけで満足しているのでしょうか?なんで九寨溝などの景勝地を撮影現場に使ったのでしょうか?世界にマーケットの視野を広げてるからでしょう?(あ!国内需要を起こすだけでも十分か?)

 もう少し、注意深く、製作をしてください!

 ここから、ネタバレです。

Continue reading "内地版 神鵰侠侶 第36回~最終話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レント(2005年 アメリカ)の予告編

レント | RENT(日本公式サイト)

 ブロードウェイ・ミュージカル「レント」の映画版が上映されています。
 この地方(名古屋)では、昨日からでした。
 予告編は、「シーズンズ・オブ・ラブ」一曲まるごと。

 直球ですが、これほどこのミュージカル表現した曲はありません。

 いいですね。舞台のファンは見たくなりますよ(^^)
 舞台をご覧になってない方も、これで、何かを感じた人は、映画もご覧ください。

 名古屋では、伏見のミリオン座で上映中です。
伏見ミリオン座 - 映画館情報 - 映画屋どっとcom

p.s.
Sony Pictures - Rent (2005)(アメリカ公式サイト)
 本国サイトのPSP用ダウンロードにある予告編との違いも確認していただけるとうれしいです。

| | Comments (2) | TrackBack (4)

May 06, 2006

内地版 神鵰侠侶 第33回~第35回

 あれから、16年後、蒙古軍は、大理国を滅ぼし、再び南宋に刃を向けようとしています。
 襄陽城に、再び戦火の嵐が吹き荒れようとしてます。
 戦の準備をする郭靖と黄蓉、彼らが気がかりなのは、3人の子供達...

Continue reading "内地版 神鵰侠侶 第33回~第35回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

内地版 神鵰侠侶 第31回、第32回

 洪凌波を殺した李莫愁は逃げ去る。楊過は、陸無双と程英を救う際に、またも情花の毒に犯される。
 裘千尺から、解毒剤を貰おうとする一行、公孫緑蕚は、楊過が無事に戻ったのを見て喜ぶが、彼が目的を果たしていないことを知って驚愕する。
 そして、裘千尺は、慈恩と再会を果たし、彼は仇を思い出す....

Continue reading "内地版 神鵰侠侶 第31回、第32回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

内地版 神鵰侠侶 第30回

 さて、29回で知り合った一行、みんなで終南山に行きます。
 終南山は、蒙古軍の大軍に囲まれています。隠れ全真教徒の耶律斉、このことを告げに行き、偶然師父に出会います。
 師父は、そんなことよりも、蜜蜂を飼い慣らすに精一杯。でも、静止させるほどに飼い慣らしておりましたとさ...って、何の話でしたっけ?


 そうでした、では、続きです。

Continue reading "内地版 神鵰侠侶 第30回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

内地版 神鵰侠侶 第29回

 郭襄を新しい古墓派の門徒とすべく、古墓に戻った二人。小龍女は花嫁衣装を着てますが、やはり受けた傷が痛む様子。二人は久々に、誰の邪魔も受けずに、語り合います。そして、楊過は、小龍女の傷を治す方法を思いつきます。

 一方、舞台は変わって、絶情谷...

 ここからは、ネタバレです。


Continue reading "内地版 神鵰侠侶 第29回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

内地版 神鵰侠侶 第27回、第28回

 なんか、テンポが急に速まってきました。

 楊過は、右腕の仇を打つために、襄陽城に戻ります。そこで、郭靖が郭芙に仕置きをする場面に出くわします。郭芙を助け出す黄蓉。二人は、父の怒りが収まるまで、郭芙を桃花島に帰らすことにします。
 街に出た郭芙と黄蓉。黄蓉は、赤子を連れた道姑を見かけるのであった...

Continue reading "内地版 神鵰侠侶 第27回、第28回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2006

内地版 神鵰侠侶 第25回、26回(BlogPet)

きょうぱんだがスパルタが手合わせ♪
そして求で女へ爆発するはずだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぱんだ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TVB版 鹿鼎記 第1回、第2回

 ようやく、1回と2回だけ見ました。「内地版 神鵰侠侶」の息抜きです。
 かの、梁朝偉(トニー・レオン)さんが韋小宝、劉徳華(アンディ・ラウ)さんが康煕帝の鹿鼎記です。
 そうそう、私が手に入れたものは、中国本土で発売されているため、音声は吹き替え、字幕は簡体字です。

 時は清朝、時の摂政オーバイを亡き者にせんとする漢人達がいました。漢人リーダーは、国姓爺、鄭成功の軍師陳近南。決行の夜、万全の策で葬り去ろうとするのですが、仲間の裏切りで返り討ちになってしまいます...

Continue reading "TVB版 鹿鼎記 第1回、第2回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2006

ブッククロッシング

 ブッククロッシング(BookCrossing)の記事が昨日(平成18年5月3日)の日経新聞に掲載されていました。

 ブッククロッシングとは、「不要になった本を売るでも捨てるのでもなく、無料でほしい人に譲る。さらにその本の行方は、取り付けた登録番号でたどることができる」といった、おもしろい活動です。
 2001年にアメリカで始まったのが最初で、世界200カ国以上、50万人以上の人が活動に参加したそうです。
 日本では、中目黒の古書店「カウブックス」が唯一の拠点ということになってます。

 自分の好きな本に旅をさせるなんて、なかなか思いつかない発送ですね。愛着がないといけないし、愛着があるなら手放すなんて考えられないというのは、私だけでしょうか?
 そうか!保存版と、配布版...(°0°)\(--; オイオイ

 「アメリ」というフランス映画があります。
 主人公は、人を幸せにさせるいたずらが好きな女性。
 彼女は、父親が家から外に出ようとしないので、友達に頼んで、庭の人形に世界旅行をさせます。そして、旅先から写真を送ってもらいます。ついに、長旅から帰ってきた人形を見て、父親は旅に出ることにします。
 素敵じゃないですか(^o^)

 本の奇跡を巡って旅行するとか、いろいろと想像が膨らみます。

 そうそう、愛知万博では、漂流日記なんてプロジェクトもやってましたね。

BookCrossing - The World's Biggest Free Book Club - Catch and Release Used Books

愛・地球博 漂流日記研究所ブログ

ブッククロッシングを始めよう!(個人サイト 良くまとまっていたので引用しました)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 03, 2006

内地版 神鵰侠侶 第25回、26回

 趙志敬と甄志丙の話を盗み聞きしてしまった小龍女。感情が乱れ、吐血します。
 そして、彼女は、ストーカーとなる(^^;

 一方の楊過、武兄弟を助けるための嘘が、返って郭芙をぞんざいに扱うことになってしまい、彼女の癇に触れてしまうのです...

Continue reading "内地版 神鵰侠侶 第25回、26回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »