« March 2006 | Main | May 2006 »

April 30, 2006

ダンサーの純情(2005年 韓国)

 話の筋は、かなり暗いです。
 社交ダンス選手権でのトラブルで、パートナーも地位も失ったヨンセ(パク・コニョンさん)は、無職の彼の元に彼の先輩が、中国の延辺部におけるダンス選手権で賞を受賞している女性を新たなパートナーとして、選手権での優勝を目指すように指示される。彼は、有能なトレーナーだったのだ。
 しかし、来たのは、お目当ての女性の妹(チェリン(ムン・グニョンさん))で、目的は早くも頓挫する。先輩は、彼女を売り飛ばそうとするが、ヨンセは、何故だか、彼女を救う。
 そして、彼女に請われて、ダンスのレッスンを始める。


 以後は、ネタバレです。

Continue reading "ダンサーの純情(2005年 韓国)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2006

デュエリスト(2005年 韓国)

 茶母である。茶母と原作は同じである。
 茶母は、14話といった長時間であったが、2時間程度の本作では、事の本質のみ触れている。
 よって、茶母(チェオクの剣)を見てから、デュエリストを鑑賞すると、いろいろと抗議がありそうだが、デュエリストから茶母というのは、案外いいのかもしれません。

 以後は、ネタバレです。

Continue reading "デュエリスト(2005年 韓国)"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

April 28, 2006

チャングム切手とイ・ヨンエさん来日(BlogPet)

日本で「チャングム」
記念切手発売へ(朝鮮日報)
こんな記事を発売しなかったです
うーん、謎だ(@_@;すでに、日本で朝鮮日報などをチャングムの誓い(NHKオンラインなどしましたが)
5月は日本で「チャングム」
こんな記事を発売しましたが、このようですね(^^)
総合テレビ:
宮廷女官チャングムの誓い(NHKオンラインなどを発売したかったのNHKの番組に生出演されるようですね(^^)
と、ぱんだが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぱんだ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2006

旅の指さし会話帳DS

 ニンテンドーDS用ソフトには、いろんなソフトがあります。

 ニンテンドーDSの名前を一気に知らしめたと言って過言でない、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」。
 これも、タッチパネルという携帯ゲームにおける新たなインタフェースを活用したからこそ実現できた、マルチメディアなソフトウェアだったりします。(ほめすぎ?)

Continue reading "旅の指さし会話帳DS"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャングム切手とイ・ヨンエさん来日

日本で「チャングム」記念切手発売へ(朝鮮日報)

 こんな記事を拝見しました。
 早速、郵政公社のHPを拝見しましたが、それらしき情報はなかったです。

 うーん、謎だ(@_@;

 すでに、ミン・ジョンホ役のチ・ジニさんの切手が発売されているそうですが、このような切手は、郵政公社の管轄外なんでしょうね。よく分かりませんがね。

 そうそう、それよりもイ・ヨンエさんが、5月8日のNHKの番組に生出演されるようですね(^^)

総合テレビ:宮廷女官 チャングムの誓い(NHKオンライン)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 26, 2006

フォーエバー・ヤング(1992年、アメリカ)

 以前、「夏の香り」の記事を書いた折りに、「夏への扉」という本を紹介しました。それとともに、ふれた映画を、先日テレビで放映しているのを見ましたので、感想を書きます。
 主人公は、大戦前の米空軍テストパイロット、友人はいわゆる天才科学者。彼ら共通の友達で、主人公とつきあっている海辺に住む女性がおります。
 主人公は、彼女が交通事故で意識不明の重体となってしまい。この世を儚んで、友人にお願いして冷凍睡眠の実験台に志願するというのが、前半戦(^^;

Continue reading "フォーエバー・ヤング(1992年、アメリカ)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2006

内地版 神鵰侠侶 第23回、第24回

 郭靖と楊過が傷を癒えるために休息しているところ、金輪国師(最近は、大王と台詞でも字幕でも呼ばれてるんですけど)から果し状が来る。
 事態を憂う黄蓉。動ける手練れは小龍女しかおらず。されど、小龍女は楊過のためにしか動かないと言う。黄蓉は小龍女を呼び、今回襄陽城に来た彼らの真の目的を聞き出すのであった。

Continue reading "内地版 神鵰侠侶 第23回、第24回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2006

またまた「冷凍みかん」

Yahoo!ニュース - スポーツニッポン - 「冷凍みかん」に熱~い歓声

 さすが、ミカンの産地、静岡県では、人気があるようです。
 ライフフーズ株式会社さんは、冷凍みかんの注文が、例年の1.5倍になったそうです。
 ここのページの下部をご覧あれ!
 ちゃんと、冷凍みかんは4個入りだ!(*^o^*)

 久々に、食べたくなってきたぞ!

「冷凍みかん」が13週連続1位のFM局
K-MIX Web Site 

これが、注文が例年の1.5倍になった、冷凍みかんを販売しているライフフーズ株式会社だ
冷凍野菜のパイオニア ライフフーズ株式会社

 ここで、視聴と購入もできるのだ(^-^)
冷凍みかん-GTP-オリコンダウンロードWMA形式

 歌詞は、ここで分るのだ(^-^)

歌詞Get「冷凍みかん」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2006

女はなぜ突然怒り出すのか?(姫野友美 著)

 「女はなぜ突然怒り出すのか?」
 なかなか興味深いタイトルですね。
 これは、いわゆる男女論に類する1冊ですが、医学博士で心療内科医でひめのともみクリニックの院長である著者が脳の構造から男女の差を分析し、かなり納得できる解釈を与えています。

Continue reading "女はなぜ突然怒り出すのか?(姫野友美 著)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

内地版 神鵰侠侶 第21回、22回

 郭靖と黄蓉夫妻を害するために襄陽城に戻った楊過と小龍女。
 郭靖は、我が子のように楊過をもてなし、臥所を共にします。
 楊過!千載一遇のチャンスだ!(゜゜;)\(--;)オイオイ

Continue reading "内地版 神鵰侠侶 第21回、22回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2006

冷凍みかん

冷凍みかん 冷凍みかん 冷凍みかん 4個入り♪

 あー、頭から離れられん(^^;

 昨日、所用で入った店の有線でかかってました。
 あまりにも、キャッチ-なリズムと歌詞に「う~ん、強烈!」(^^;
 この感覚は「おさかなソング」に通じるものがある(^^)

 「4個入り」というのが憎いです。

Continue reading "冷凍みかん"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2006

万博ゴンドラ峨眉山に移設(中日新聞)

万博ゴンドラ峨眉山に移設 中国の観光地(中日新聞)

 万博で使用されたゴンドラの一部が、中国四川省の峨眉山に移設されるそうです。

 峨眉山といえば、かの郭靖と黄蓉の娘、郭襄が開祖の峨眉派の総本山があり、怖い絶滅師太や周芷若の居るところです(^^;
 って、これが言いたかっただけだったりするのですが...

 虚構と現実が入り混じって恐縮ですけど、金庸氏の小説を知らなかったら、こんな発想も絶対しなかったと思うと、感慨深いものがありますね~
 ゴンドラが、充実した第2の人生を送ることを切に願います。

峨眉山と楽山 中国旅行社 China Travel Service

峨眉山(Wikipedia)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2006

「カサブランカ」が最優秀 脚本ベスト101を選出

「カサブランカ」が最優秀 脚本ベスト101を選出(Yahoo!NEWS)

 米脚本家組合が、組合員の投票で優秀な脚本(映画でないのがミソですね)を選びホームページで公開しています。

 カサブランカだそうです。
 カサブランカといえば、

 「君の瞳に乾杯!」

 「これが俺たちの美しい友情の始まりだ」

 「昨日の夜はどうしてたの?」
 「そんな昔のことは憶えてない」
 「今晩会えない?」
 「そんな先のことは分からない」

 という、いろんな名台詞で有名です。
 当時は、イングリッド・ヴァーグマンが登場して、サムに古い曲をねだるシーン以外は、見事な作品と思ってたんですが、今ではそうした理由もよく分かります。歳を取りました。

 ちなみに、10位までは次のとおりです。

Continue reading "「カサブランカ」が最優秀 脚本ベスト101を選出"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「チャングムの夢」日本で放送開始

 「チャングムの夢」が日本で放送されました。

 狩の途中お忍びで村に滞在をする、中宗とミン・ジョンホ。
 村では結婚式の準備の真っ最中!
 カン・トックの息子が転んだひょうしに大空に舞い上がった食材を、見事な軽功で、拾い上げ食材を粗末に扱わない、世界に通じる「もったいない」精神を持つ娘。

 その名は、この物語の主人公「チャングム」でした(^^;

Continue reading "「チャングムの夢」日本で放送開始"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アイ・ラブ・ルーシー 放送始まりました

 BS2の木曜日深夜に「アイ・ラブ・ルーシー」が始まりました。
 シチュエーション・コメディーの金字塔です。
 主な登場人物は、次の4人
 ルーシー:ルシル・ボール
  バンドマンのリッキーと結婚したショービズにあこがれる奥様(^^;
 リッキー:デジ・アーネイズ
  ナイトクラブでバンドマスターをしているルーシーのだんなさん
 エセル:ヴィヴィアン・ヴァンス
  ルーシーの友達。同じアパートに住んでいる
 フレッド:ウィリアム・フローレイ
  エセルの旦那さんルーシー&リッキーと家族ぐるみで付き合っている。

Continue reading "アイ・ラブ・ルーシー 放送始まりました"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

チャングムの夢 第23回

 久々に見ました。
 今日から、日本でも第1話が放送されます。しかも、総合テレビで(^^;

 料理修行の旅を続ける、チャングム、ヨンセン、チャンイ、チャン・スロ、カン・トックの息子、モンモイ(ワンワンちゃん)、そしてカリメロもどき

 一行は日照りに苦しむ村を訪れます。

Continue reading "チャングムの夢 第23回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

内地版 神雕侠侶 第19回,第20回

 本日、名古屋地方は、台風の様な嵐ですね。

 ドラマはようやく、折り返しに来ました。
 解毒剤を探しに来た楊過と公孫緑蕚、公孫止の罠にはまり、奈落の底へ...
 底には、鰐と一人の老婆がいたのであった

Continue reading "内地版 神雕侠侶 第19回,第20回"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 05, 2006

エウレカセブンが終わりました

 「交響詩篇エウレカセブン」が日曜日に終わりました。
 私は、仕事の都合上、本日録画と最終回直前特番を視聴した次第です。

 「ああ、もう終わったんだ」と思う次第です。

 私が、この作品を視聴するきっかけは、たまたま第26話(ご存知のとおり、すごく重要な回です)を見たこと。単純に話の内容と、エンディングテーマに惹かれました。
 それから、毎週の視聴と、アニマックスで後追い視聴(アニマックスも、これまた重要な回であった12話の後から)しました。
 そして、年末年始のGyaoでようやく1話から12話まで視聴ができて一通り視聴することができました。
 正直、日曜の朝7時が待ち遠しかったですね。(金曜の午後11時の笑傲江湖も待ち遠しかったですが)

Continue reading "エウレカセブンが終わりました"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2006

内地版 神雕侠侶 第18回

 後半が、金曜日(3/31)に届きました(^-^)v
 でも、家には、トニー・レオンとアンディ・ラウの「鹿鼎記」、トニー・レオンの「侠客行」、バリー・ウォン監督の「天下第一」と「小鱼儿与花无缺」、そして「仙剣奇侠伝」が溜まってます。いいかげん処理しないと...

 さて、かんたんなあらすじ、
 再会を果たした楊過と小龍女は、剣法と刀法を使う公孫止と2人で戦います。武器庫でつかの間の安息の時を得るのだが...

 

Continue reading "内地版 神雕侠侶 第18回"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »