« トラックバックアンケート:『笑傲江湖』キャラ投票! | Main | チェオクの剣 最終話 »

February 04, 2006

笑傲江湖 第29話、第30話

 ターンニング・ポイントです。

 のっけから、自堕落な生活を送る呉将軍こと令狐冲、この酒の飲み方は、好感度マイナスだ。推薦したのを後悔したぞ(-_-メ)
 一人っ子ひとり居なくなった街に、現れるは恒山派の一門。
 それを狙うは嵩山派に雇われた3人衆と陸伯。
 魔教を騙り襲ったのはいいものの、頭が足りないせいと、呉将軍の活躍で嵩山派とばれてしまいます。
 シャイな令狐冲は、本名を明かさずに恒山派と分かれ福州に入ります。そこであっさり呉将軍の装束を脱ぎ、いつもの汚いスタイルに戻ります(持っていたのか!)

 そこで、林平之と岳霊珊の仲良しを見かけます。ことに霊珊についてはアルツな令狐冲は、(霊珊会いたさに来たものの)この姿を見て己の状況を悟り、蟹を肴に酔っ払います。
 夜の街で林平之と岳霊珊の姿を見かけた令狐冲は、後をつけ、とある屋敷に入ります。そこで、林平之と岳霊珊は、ついに、ついに「辟邪剣譜」らしきものを見つけるのです。

 嗚呼、悲劇の始まりじゃ~

 林平之と岳霊珊は曲者によって、あっさりやられ、助けに入った令狐冲もさらに、新手の曲者に襲われ、意識を失います(ばっさりやられなくて良かった)。そして、「辟邪剣譜」も行方不明になります。

 気が付くと華山派の宿舎、嵩山派訪問に岳霊珊に「早く逃げて」といわれ、(本来なら大感激するはずの)令狐冲は、嵩山派を挑発し宿舎の外に出て、恒山派といっしょにお仕置きをするのでした。
 その折、労徳諾が、華山派の秘伝書「紫霞秘笈」をネコババしているのがわかり、六猿の下手人が判明します。長かった、長かったよ、真相がわかるまで...

 その晩、なぜか林平之は、襲われます。なんで得物を使わないのでしょうか?詰めが甘すぎます(-_-メ)
 でも、林ちゃんは、相手が誰か察してしまいますが、保身のため、華山派のみなに「令狐冲にやられた」と伝えます。激怒する霊珊!令狐冲の元に行き罵ります。(落ち込むはずの)令狐冲は、宝剣を彼女に返します(T-T)

 恒山派は、再びなりふりかまわない嵩山派に襲われます。令狐冲と田伯光(不可不戒)はその危機を救います。田伯光(不可不戒)、今回は大活躍ですね。
 それもつかの間、定逸師太は、縫い針で正面から刺され殺されてしまいます。嗚呼無残。「誰が殺した♪定逸師太♪」
 彼女は、死ぬ間際に令狐冲に掌門の座を譲るのです。なんで?(@o@;


 ここら辺のいきさつは、原作を読まないと深みを増しませんね~
 令狐冲にとっては、晴天の霹靂なんですが、このシチュエーションで、尼さんたちを掌握することが可能なのでしょうか?
 さて、もう皆さんの頭から抜けていた「辟邪剣譜」が登場し、早速習得しようとする、奇特な方が1名いらっしゃいます。彼は誰なんでしょうか?
 さあ、CCTV版はどう私のわだかまりを消化してくれるのでしょうか?
 いつものことながら、ちらちらと複線を張ってくれることを期待しております。

笑傲江湖 チャンネルNECO公式サイト

笑傲江湖(Wikipedia)

央视版《笑傲江湖》 新浪網

|

« トラックバックアンケート:『笑傲江湖』キャラ投票! | Main | チェオクの剣 最終話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 笑傲江湖 第29話、第30話:

« トラックバックアンケート:『笑傲江湖』キャラ投票! | Main | チェオクの剣 最終話 »