« 頭文字D(2005年香港 中文字幕) | Main | 笑傲江湖 21話、22話まで »

January 02, 2006

侠客行(徳間文庫)

 金庸御大の後期の短編です。
 いろいろと、その前の作品の要素が凝縮されていると思うのですが、如何でしょうか?

 雪山派は、射鵰シリーズの全真教のようなものですし、「魔天居士」謝煙客や丁不三なんかは、黄薬師のような偏屈親父です。「黒白双剣」石清と閔柔、特に閔柔の母性愛に笑傲江湖の師娘(寧中則)の姿を重ねてしまいました。私はまだ、金庸御大の作品はそんなに読んでいない若輩者ですので、わかりませんが、まだまだいるのかもしれません。

 主人公が双子で、性格がまるで違うなんては、昔からある設定です。ただ「狗雑種(のらいぬ)」くんがあまりにも人が良すぎるのが、ちょっと胃にもたれます。
 けれど、純粋無垢な彼のみ、奥義を極めてしまうのは、因果応報といったらいいのでしょうか?読んでて嬉しくなります。
 丁璫「叮叮璫璫(本当は口辺に當 ティンティンタンタン)」は、一途なキャラクターですよね。気に入りました。

 御大の文章は、出だしは荘重で、中盤は畳み掛けるようなクライマックスの連続、しかし締めはあっけないといった感じをよく受けるのですが、この作品でも「狗雑種(のらいぬ)」くんの出自について突き放した形で終わっています。けれど多分、読者の思うととおりだと思います。

 お勧めです。

|

« 頭文字D(2005年香港 中文字幕) | Main | 笑傲江湖 21話、22話まで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75616/7963830

Listed below are links to weblogs that reference 侠客行(徳間文庫):

« 頭文字D(2005年香港 中文字幕) | Main | 笑傲江湖 21話、22話まで »