« December 2005 | Main | February 2006 »

January 29, 2006

笑傲江湖 第27話、第28話

 今回は、雪だるまと将軍呉天徳でした。

 さて、最初から岳不群と令狐冲の手合わせから始まります。
 太刀筋から、傍観者の解説のとおり、岳不群は令狐冲を成敗するように見えます。師娘もそう思います。
 けれど岳先生は、左冷禅には、ああ言い、師妹にはこう言います。
 表と裏がありすぎです。でも、剣の意図を師娘さえも分からなかったのですから、どっちにも保険を売ったと見るべきか?

 この時点では、あれがあれを持ってないので、原作のとおりでもよかったのではないかと思います。

 やはり、雪だるまのシーンは、令狐冲にとってつらいですね。同情しますよ(T-T)
 ここで、任我行一行と別れ、福建へ行きます。このドラマでは、あんまり彼が福建に行く動機が感じられませんが、行きたいのならしょうがないですね(^^;

 恒山派に迫る陰謀、不戒和尚、田伯光を出家させても足手まといだって(^^;儀琳ちゃんは、なんでも打ち明けるおばあさんに思いを告白して定逸師太にしたがって出かけるのであった。うむうむ、複線ですなぁ

 令狐冲は、威張り散らす、将軍さまの装束を交渉で頂き、将軍さまとして福建に向かいますって、なんで(?_?;意味がわからん。まあいいや、盈盈ちゃんもいっしょだから(^^;
 ついでに向門天もついてきて、東方不敗征伐の協力を求められます。いくら兄弟とはいえ、私でも納得しかねるなぁ~

 福建にあっさり戻った華山派一行は、岳先生は、娘に林君といっしょにいなさいといい。林君は、「どんなになっても復讐はとげる」と誓っております。
 そうか!

 さあ、次週は、次週こそドロドロの始まりか!

追伸:チャンネルNECOでは原作本プレゼントを平成18年1月31日まで受付中!原作の5巻と6巻はamazonで4000円くらいで中古が販売されているくらい貴重ですぞ!まあ、図書館が一番無難ですが、お住まいの地域の図書館に無い場合もあるでしょう!是非とも応募し、手に入れ、布教活動をしましょう(^o^)/

笑傲江湖 チャンネルNECO公式サイト

笑傲江湖(Wikipedia)

央视版《笑傲江湖》 新浪網

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2006

倚天屠龍記 CCTV版 9話~16話まで

 面白い!

 9話から16話までのあらすじ「張無忌のもてもて街道」
 紅梅山庄に厄介になった張無忌くんは、朱九真に恋をしてしまう。ふとしたことで、自分の名前を明かしてしまい、屠龍剣奪還の陰謀に巻き込まれてしまいます。けれど事の真相を知る純情な張無忌くんは、朱九真の親父さんを道連れに身投げを図ります。でも彼は、九死に一生を得て、蛛児と出会います。蛛児は、金花婆婆が連れていた子供で、彼女は張無忌くんを探してますが、張無忌くんは、前のことがあったため、偽名を使います。彼女は、張無忌くんを気に入り私を妻にしてと迫り、承諾させます。
 蛛児は、足が動けない張無忌くんを橇に乗せて、とりあえず武当山に向かい途中の街で、峨嵋派一向と出会い、周芷若と再会します。周芷若は彼が張無忌であることを知り、それをみんなに隠して彼に思慕まなざしを向けます(うらやましいのう)。
 さて、江湖では、六大派が明教の光明頂を攻める計画を立てています。趙敏(敏敏)ちゃんも便乗して、下僕どもをつれて、光明頂に向かいます。
 張無忌くんは峨嵋派に同行する途中に、明教を痛めつける灭绝师太に苛立ち、師太の三掌を受ける代わりに、命乞いをする。
 明教の助けに来た天鹰教殷野王と再会する張無忌くんだが、自分を張無忌といえず、ただ、蛛児が妹の殷离と知る。
 その後、蛛児を韦一笑に奪われた、張無忌は、自らも袋に閉じ込められ、光明頂に来てしまう。
 光明頂の地下では、まるごと吹っ飛ばそうとする。圆真が爆薬をしかけており、地下の探検をしていた小昭を追いかけてきた圆真は、内部抗争の結果身動きの取れない明教幹部たちを見て、積年の恨みを果たそうとする。張無忌くんは、圆真が義父の仇と知り、果敢に立ち向かい、圆真は地下に逃げ込みます。
 張無忌くんは、小昭の助けで圆真を追いかけますが、逆に出口をふさがれ、偶然前教主の遺骸から、乾坤大挪移神功を習得します。
 外になんとか出た張無忌くんと小昭は、六大派に対して天鹰教殷天正のみ戦っているのを見て、張無忌は、乾坤大挪移神功を使い、六派のそれぞれの使い手と手合わせをするのでした。

 ふう、内容盛りだくさんです。基本的に張無忌くんは、フェミニストですね。
 正派のやり方はえげつなく、野生児張無忌くんが、明教に助太刀するのは無理ない設定です。
 いや、ほんとうに主要の女性みんなが張無忌くんに熱い視線を投げかけます。アイドルですね。

 そういえば、このドラマの張無忌くんは、よく髭面になるのに、笑傲江湖の令狐冲は、梅荘の地下で少なくとも2ヶ月はいたと思うのに、髭も伸びないな...ひょっとして、彼はすでに(((^^;

 明教の教祖となった張無忌くんは、どうするのでしょうか?
 傷をつけられてもお互いに慕う周芷若との仲はどうなるんでしょうか?
 武芸の知識のある小昭の目的は?
 金花婆婆といっしょに屠龍剣探しに行く殷离の運命は?

 さてはて、私はどこまで理解できているか...

《倚天屠龙记》2002年内地版

| | Comments (0) | TrackBack (0)

茶母の後番組の「クッキ」と「チャングムの夢」について

 茶母も終わりですね。

 現在、地元の民放が「夏の香り」を放映していますので、視聴してます。
 「夏の香り」は、あんまり深みのないドラマかもしれませんが、サントラがいいですなぁ~

 さて、NHK衛星放送の次のドラマはちょっと古いそうです。うーむ(@_@;
 概要を読んでも、あんまり興味を示すことができません。大丈夫かなぁ~

『クッキ』、4月6日からNHKBS2で放送
クッキのドラマ紹介(innolife)

 さて、本題のこちらです。
『チャングムの夢』、韓国アニメとして初めて日本の地上波で放送へ
 ははは、なんだか、年末年始にかけて、私が知らない間に騒がしくなってしまいました。
 「大長今」は好きです。以前にも書いたように、このドラマを見ると明日への生きる希望が湧きます。彼女は、何度も失意の底に沈みますが、いつでも復活します。そんな、彼女のタフでかつクレバーなところが好きでした。
 また、私は4話までの「大長今」が好きで、「一休さん」のような面白さをもつであろうアニメに期待していたのですが、正直、土曜の朝のアニメに期待しすぎた私が馬鹿だったと思ってます(..;
 でも、視聴はしつづけているのですけどね。
 ということで、このアニメの日本放映は、うれしさ半分、失望半分の複雑な状態ですね。

 大長今を見た視聴者はこのアニメに興味を示すと思いますが、このアニメから大長今に興味を示す視聴者はいるんでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓国スクリーンクォーター制度が縮小

 アン・ソンギさんが「断腸の思い」と言っているので、取り上げました。
 彼は、スクリーンクォーター制度を守る委員会の代表として、たびたびマスコミでコメントを出しております。

 韓国は、向こうに行くと良くわかるのですが、素晴らしくアメリカナイズされた国です。日本以上かもしれません。
 意外かもしれませんが、最近は、日本よりもハリウッド作品が多く、早く公開されている国です。
 制度の縛りが少なくなれば、それだけ、ハリウッドを受け入れてしまう素地は整っていると思います。

 今は、韓国映画は、国内で好調だそうですが、今後も面白い、挑戦的な作品を送り出してきてもらいたいものと思っております。残念ながら、本当に面白い作品は、日本でまともに公開されていないのですから(^^;

アン・ソンギ「スクリーンクォーター縮小、断腸の思い」(中央日報)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チェオクの剣 第12話~第13話

 洞窟の中の話の続きからです。
 話も終盤ですね。
 陰謀、陰謀ばかりの暗い話ですが、悲恋の味付けは、韓流そのものですな。
 こういった味付けは、華流にはないですねぇ~

 さて、ようやく、チャン・ソンベクとチェオクは、洞窟の中で互いの思いを通じ合います。
 これは、お互いの所属する組織への裏切りになります。二人にとって、こんな世間と隔絶され、地位や名誉など関係のない境遇になったからこそ初めて本心が通じることができたのに、でも、悲しいのは、二人は兄弟なんですな~

 その後、ファンボ・ユンは、チェオクに「俺を斬れ」と、彼女に自分を斬らせようとし、チャン・ソンベクは、チェオクだと言われた女(実はマチェクの奥さん)を斬るのをためらい、チェオクと違った時点であっさり斬ってしまいます。彼は、ここで彼女を断ち切り、組織の長の心を戻します。チェオクは、斬られたマチェクの妻を運び左捕盗庁に戻ります。

 さて、脛に傷を持ち、心も傷ついた左捕盗庁のみなさんは、ここで首謀者に目星を付けます。これからどうするんでしょうか?彼らは最後の賭けに出ます。

 さて、「チェオクの剣」の後は、「クッキ」だそうです。

春のおすすめ! BS海外ドラマシリーズラインアップ
 私は、同じ木曜日深夜に予定されている「ライ・ラブ・ルーシー」に興味があります(^^)
 面白いですよ。「アイ・ラブ・ルーシー」は、「ルーシー・ショウ」よりも面白いです。

チェオクの剣(NHKオンライン)

タモ(茶母)(innolife.net)

朝鮮女刑事 茶母(iMBC 韓国公式サイト)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

笑傲江湖 第25話~第26話

 久々の更新です。最近、ちょっと多忙と病で滞っておりました。すみません。

 さて、簡単なあらすじを、莫大先生との会見で、"ようやく"事の真相を知った令狐冲は、急ぎ五覇岡に行き、桃谷六仙を「だまくらかして」盟主の座につきます。そこで、少林寺に攻め込む途中に、最寄の武当山で沖虚道人に出会い手合わせをします。手合わせの後、沖虚道人から、盈盈はすでに開放された事、それから九星大法は、危険な術だから精進しちゃ駄目よと念押しされます。
 令狐冲と一行は、少林寺につくと、無人であることがわかります。令狐冲は、一同に寺に乱暴をしてはならないと厳命を出し、寺内を捜索させ、みなに盈盈はすでに開放された事を納得させようとします。その後、食料を確保しようと下山した部隊が、待ち伏せにあったことを知った一同は、桃谷六仙が偶然見つけた抜け道から抜け出します。
 一同を救った令狐冲は、独り少林寺に戻ります。そこで待ったいたのは...

 ドラマの莫大先生は、なんか詮索好きのおせっかい焼きになってしまいちょっと残念です。まあ、原作でも詮索好きのようでしたが...
 みなさん令狐冲を持ち上げすぎですね~それは、同時に岳不郡を落とすことになるのですが、まあ岳先生も少林寺に攻め入った者たちを「殺されて当然」と言ったのは、いけませんね~卑怯なことをしても気にならないのが君子ですか~
 師娘と恒山派の定逸師太は、期待をかけていた令狐冲に裏切られたのが気に入らない様子(そりゃそうだが)さて、これからどうなるのだか....

 さて、次回は、令狐冲と岳不郡の手合わせ、雪だるまと呉天徳将軍ですね。

笑傲江湖 チャンネルNECO公式サイト

笑傲江湖(Wikipedia)

央视版《笑傲江湖》 新浪網

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2006

笑傲江湖 第23話~第24話

 もう、新しい話が放映されてますが(^^;

 令狐冲は、吸星大法を取得しましたね。これで、八つの神気が体内に取り込まれました。
 吸星大法は、この作品でも強い術のひとつです。
 感じとしては、天龍八部で段誉が習得してしまう、逍遥派の技のようですね。でも、強い副作用があります。

 負けない剣法「独孤求剣」と相手の内功を吸い取る「吸星大法」を取得した令狐冲の最強伝説が始まるかというと、そうでないところが、この作品の面白さです。
 やはり、どんな能力があっても、いろんな「しがらみ」で十分な能力が発揮できないという状況はあるもんです。

 やっぱり、この時点でも盈盈のことを任我行の娘だとはまったく気がつかない令狐冲でした。
 うーむ、もどかしい。

 ちょっとここから原作から脱線します。
 それにしても、やっぱりこのドラマは親切です。でも、いろいろと気になるなぁ~

 莫大先生との対話のシーンが、中国語原文を読んでても印象に残ったのですが、ドラマでもあるようで、ホッとしました。
2006/01/28 間違いのためタイトル変更
2006/2/4 さらに修正

笑傲江湖 チャンネルNECO公式サイト

笑傲江湖(Wikipedia)

央视版《笑傲江湖》 新浪網

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2006

チェオクの剣(第9話から第11話まで)

 はい、ちょっと中だるみの時期なんですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
 やはり、ここまでくると、内功のことを触れないと説明できませんね。

 瀕死のチェオクをファンボ・ユンが生き返らす術はなにかいな?(第9話)
 なんで、チャン・ソンベクは、木の枝で、チェオクを吹き飛ばすことができるのか?(第11話)

 武侠世界では、内功と外功というものがあります。
 まず、外功とは、いわゆる武芸であります。
 よくよくみると、チャン・ソンベクとチェオクは、剣を用い、ファンボ・ユンとカトウさん(^^;は刀を用いてますね。(第10話)
 次に内功とは、いわゆる気功で、その力が外功の威力に反映されます。また防御能力も高くなります。チェオクは、ファンボ・ユンの内功を与えられてよみがえり。チェオクは、内功でも外功でも、ソンベクには敵わないということなんですわ。

 でもね。どんなに内功を鍛えても、銃とかの近代兵器には敵わないんです。これは、忍法帖と同じです。

 ちなみに、空中で足をバタバタさせて飛ぶのは、軽功といって、体を軽くして、駆けているだけで、飛んではいません。だから、あのような洞窟では、抜け出せないのですわ。よく出来てますわ(^^;

 さて、この王さまは、理解がありすぎるな~
 江戸時代は、直訴は、聞き入れられても、死罪ですからね。
 やっぱし、密会でも偉いさんは、高いところに登りたがるようですね(^^;

チェオクの剣(NHKオンライン)

タモ(茶母)(innolife.net)

朝鮮女刑事 茶母(iMBC 韓国公式サイト)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

倚天屠龍記 CCTV版 8話まで

 中国旅行で購入したCCTV版 「倚天屠龍記」を見ています。原作は読んだことありません。現地価格50元でした。

 簡体字の字幕つきですので、まだなんとか分かりますし、リンク先のサイトを見ますと、あらすじもありますので、なんとかなります。
 DVDは5枚組で、1枚に8話ずつ収録されています。

 そうですか?峨嵋派の始祖は、郭襄なんですか~
 戒律が厳しいですね。
 笑傲江湖では、峨嵋派は、名前だけで実態がよく分からなかったからね。
 そうですか、張翠山は、笑傲江湖でもおなじみの武当派なんですか。ということは、笑傲江湖は、明の話が出てくるので、だいぶ後の話なんですな。武当派の7人弟子は全真七子のようですな。まあ、いいですが(^^;

 ここまで来ると、主人公が交代し(演じてる人は同じですが)、美少女もいろいろと登場しました。みんな我侭そうです。複線がいろいろとあったので、まだ出てくるのでしょう。
 張無忌の少年期は、武侠における医学ドラマのようでしたが、九陽真経を学んだこれからが、本番ですな。
 何か少林派があまりよく描かれていないなと思うのは気のせいでしょうか?

 オープニングが収録されてなく、8話の終わりにエンディングがあったので、オープニングはどこかで見たいものです。
 なんか、無精ひげの張無忌を見ていて、ふと緒形直人に似てるなと思った次第...どうでもいいですが(^^;

《倚天屠龙记》2002年内地版

2006/1/21 一部加筆

| | Comments (2) | TrackBack (1)

秘曲 笑傲江湖(徳間書店 全7巻)

 先日、図書館で見つけましたので、一気に残り3冊を借り、3日で読んでしまいました。
 途中、2章だけ中国語(簡体字)で読んでましたが、さすがに読むスピードが20倍になりました。それでも8割方は、意味が通じていたのが驚きです。多分WordtankV80のおかげでしょう。

 読後の感想は、「ああ、面白かった。」武林という架空の世界に姿を変えているのですが、現実でも通用するような権力闘争を描いています。その権力とは、いわゆる派閥闘争でもあるし、武芸の秘伝書の争奪に姿を変えています。
 そして、思いが通じない恋する主人公の物語としても読める作品です。
 片思いをしたことのある大抵の方ならば、主人公に共感できると思います。
 だから、後半の令狐冲と岳霊珊の試合のシーンは泣けます。

 任盈盈は、いいですね。彼女は、射鵰英雄伝における黄蓉を一回り残酷にし、現場における状況判断の優れた司令官です(黄蓉はどちらかというと参謀ですね)。恥ずかしがりやのところが可愛いいですね。伴侶としては最適の人ですが、令狐冲は一生頭が上がらないんだろうなと思います。ラストの方での二人だけのあのシーンは、多分CCTV版には無いんだろうな?私はすごく好きなんですけどね。

 チャンネルNECOにおける、CCTV版は、今後原作とはまた違った方向になるみたいですので、どう料理されるのかが期待ですが、私が見た最終話は、まったく違ったモノでした。

 みなさんも、図書館で見かけたら、読んでみてください。
 図書館の蔵書検索のリンク集を見つけましたので、貼っておきます。意外と、笑傲江湖は置いてありますぞ(^^)
Jump to Library! (In Japan)(農林水産研究情報センター )
東京都の図書館 蔵書横断検索
愛知県内図書館横断検索 検索画面

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2006

ソン・イェジンさんの新作「ナンパの定石」予告編

 ソン・イェジンさんの新作「ナンパの定石」の予告編が、innolifeで公開されています。

 SBSの「夜心満々」は、見ました。ソン・イェジンさんは、ニコニコ星人で、相手役のソン・イルグクの方が目立っていたと言っておきましょう。彼は、普段はめがねをかけてるようですね。

リンク: ->ナンパの定石 innolife.

작업의정석「作業の定石」韓国公式サイト

 公式サイトは、インターネットエクスプローラーでブラウズすることをお勧めします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 09, 2006

笑傲江湖 21話、22話まで

 はいはい、今回は、いろいろ出てきましたね。

 令狐冲、向門天の「だし」にされる回でしたが、まあ心配召されるな、次週期待ですぞ。

 さて、何度も書いてますが、CCTV版は、説明が行き届いてまして、令狐冲の状況認識能力については、ついつい、「志村!後ろ!後ろ!」のような、「八時だよ全員集合」でのコントを彷彿とさせます(^^;いいすぎかも
 原作では、この時点で本当に彼は、状況を把握してません。
 ドラマでは、体の状態を露ほども表現してませんが、彼この非常にしんどい状態を憂い死に場所を探しているんです。孤立無援の向門天を助けたのも、そこで死にたかったのですわ。
 この時点では、彼は破門の理由をまったく理解してません。また面壁でもくらえばいいものと思ってます。けれど、彼は後戻りできない状況に追い込まれていきます。

 東方不敗さまついに登場!ちょっと早いんじゃない?
 だんだんと、エンディングのシーンが埋まってきますね~
 令狐冲が笙を持ってるシーンは、21話でしたか

笑傲江湖チャンネルNECO公式ページ

チャンネルNECO
 なんか、原作本プレゼントをしているようです。未だに、5巻と6巻は絶版です。欲しい人は、これを機会に応募しませう(^^)/
 WEBではまだないみたい...2006/01/09時点

笑傲江湖(Wikipedia)

央视版《笑傲江湖》 新浪網

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2006

侠客行(徳間文庫)

 金庸御大の後期の短編です。
 いろいろと、その前の作品の要素が凝縮されていると思うのですが、如何でしょうか?

 雪山派は、射鵰シリーズの全真教のようなものですし、「魔天居士」謝煙客や丁不三なんかは、黄薬師のような偏屈親父です。「黒白双剣」石清と閔柔、特に閔柔の母性愛に笑傲江湖の師娘(寧中則)の姿を重ねてしまいました。私はまだ、金庸御大の作品はそんなに読んでいない若輩者ですので、わかりませんが、まだまだいるのかもしれません。

 主人公が双子で、性格がまるで違うなんては、昔からある設定です。ただ「狗雑種(のらいぬ)」くんがあまりにも人が良すぎるのが、ちょっと胃にもたれます。
 けれど、純粋無垢な彼のみ、奥義を極めてしまうのは、因果応報といったらいいのでしょうか?読んでて嬉しくなります。
 丁璫「叮叮璫璫(本当は口辺に當 ティンティンタンタン)」は、一途なキャラクターですよね。気に入りました。

 御大の文章は、出だしは荘重で、中盤は畳み掛けるようなクライマックスの連続、しかし締めはあっけないといった感じをよく受けるのですが、この作品でも「狗雑種(のらいぬ)」くんの出自について突き放した形で終わっています。けれど多分、読者の思うととおりだと思います。

 お勧めです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

頭文字D(2005年香港 中文字幕)

 中国旅行で仕入れてきました。DVD(PAL形式)15元(14円換算210円)です(^^;
 おもしろいですよ。何が面白いって、本編の前、いわゆるメニュー画面が出てくる前に必ず5社くらいのCMを見ないといけない(^^;
 DVDを入れるたびに必ず見なければならない(スキップ不可)なので、それが嫌な人には、嫌なんでしょうが、所詮15元ですので、許したってください。
 それから、本編終了後に、よくわからんミュージック・クリップが入っております。このいわゆる大衆歌謡調の歌を聴くと本編で採用されている曲とのギャップに赤面します(^^;
 ひょっとして、違法コピー品なんじゃないの?とお疑いかもしれませんが、上海の南京東路の新華書店で仕入れました。なお、同じ売り場の「チャーリーとチョコレート工場」は45元でしたよ<関係ないわな...

 さて、この映画は、日本の漫画を元に、台湾のスターを使って、香港のスタッフが製作した作品です。
 主人公は、台湾の歌手で映画初主演ジェイ・チョウ(周杰倫)
 ヒロインを、日本人の鈴木杏(前の年の「100語で英会話」の人(^^;)
 主人公の怖いお父さんをアンソニー・ウォン(やっぱし、人肉饅頭屋の親父ですかね(^^;)
 主人公が勤めるガソリンスタンドの社長がケニー・ビーと、往年の香港明星が脇を固めます。後の若手は、知りません。すんませんm(__)m

 私は、この手の漫画は読んだこと無いので(^^;何ともいえませんが、
 いわゆる86(スプリンター・トレノ)を持っている友達も私の周りにいましたので、漫画の影響力は計り知れなかったのでしょう(^^)
 日本でロケしたんですよね?よく出来ていると思いました。やはり、話が話ですので、走行シーンがメインになるのですが、臨場感があったと思いました。
 それから、今となっては当たり前なんですが、BGMの使い方もよく、1流の娯楽映画に仕上がっています。
 私は、主人公の年齢がちょっと気になったのですが、車の免許は18歳ですよね?それで彼は高校生ですか?それなのに、こんな英才教育を親から受けているんですかね?やはり違法改造する親ですので、こんなもんなんでしょうか? そんな疑問は、庶民が考えるやっかみかもしれません(^^;
 とにかく主人公の精神的な成長も、ジェイ・チョウがうまく演じています。車好きでもそうでなくても楽しめると思います。

頭文字D(日本語公式サイト)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 01, 2006

笑傲江湖20話まで

 はい、結構重要な2話でしたね。
 本当にこのCCTV版は親切ですね。複線貼りまくりです。
 任盈盈と別れた令狐冲は、あっさり仲直りで、原作ばりの仲むつまじい状態にちょっと、ひきました(^^;剣で語るってあれだけ言っていたのにねぇ
 少林寺近くまで来ていたのに、洛陽に戻って、乱闘とは、悠長ですね。それから、また少林寺ですか...ご苦労様です。
 師娘は、本当にやさしいなぁ~

 向門天、登場しましたね。なんだ、ジェベ師匠、鳩摩智と同じ人ですか、何か腹に一物をもつ人の役が多いですねぇ~神鵰侶侠では、金輪法王ですか~、この人もそうですね~

 さて、次回は今週末です。

笑傲江湖 チャンネルNECO公式サイト

笑傲江湖(Wikipedia)

央视版《笑傲江湖》 新浪網

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »