« May 2005 | Main | October 2005 »

September 30, 2005

チャングムは中国本土でも人気です

 「大長今(宮廷女官チャングムの誓い)」は、現在、中国本土でも放映されて、人気があるそうです。
 昨年は香港で放映され、50%近い視聴率をとったこともあったそうです。

 先日、ハン尚宮役のヤン・ミギョンさんが、中国本土に訪れたときに、熱狂的な歓迎を受けたそうです。うれしい限りです。
 私も、日本にいらしたら、プラカード持ちます(^-^)/

「ハン尚宮」ヤン・ミギョンが中国で人気爆発(朝鮮日報)
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ソン・イェジンのジョージアCM

 以外ですね。ジウ姫の次は、ソン・イェジンさんですか。
 ヨンさんと共演するとこうも扱いが違うのか~
 やはり彼女は、日本人受けしますわな(^^)

 前にも書いているように私はファンですので、CMのオンエアが楽しみです(^-^)でも、歌ジャケ自体には、あんまり興味ないです。

ソン・イェジン、須藤元気「いいコンビ」(日刊スポーツ Yahoo!NEWS
ソン・イェジンが日本の缶コーヒーCMに出演(朝鮮日報)

 そうそう、キャンペーン商品の紹介サイトはここ
ジョージア 歌ジャケ
 このサイトに、ソン・イェジンさんの姿は、現時点ではいませんね(。。;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2005

阪神優勝!

 「野村監督がつき星野監督が丸めし天下餅、それを食うは岡田監督」
 でしょうか?

 とにかく、おめでとうございます。関西は、阪神あってのなんぼのものですからねo(^-^)o
 でも、道頓堀への身投げや、カーネルサンダース人形の投棄は、慎んでください(^^;

岡田阪神 優勝の軌跡(スポーツナビ)

 私は、前にも書きましたが、学生の頃、関西圏にいました。もう15年も前の話です。
 野球が雨で中止になると「じゃりんこチエ」の映画か(MBS)「阪神タイガース栄光の軌跡(1988年製作)」(関テレだったかな)を平気で放映する土地柄だったので、今は、野球中継が中止になるとどんなんだろを思ったりしますね。
 あ!ヤフーのテレビ番組表をみればいいか(^^;気づかなかった...

| | Comments (0)

青い海を探せ!

ブルーオーシャン戦略
W・チャン・キム+レネ・モボルニュ著 有賀裕子 訳
ランダムハウス講談社

 あるきっかけで経営学の本を読みましたので紹介します。

 現在のマーケティングは得てして、顧客を取り合う、血で血を洗うような抗争の様(レッド・オーシャン)ですが、ちょっと一工夫すれば、競争相手のいない大海原(ブルー・オーシャン)を見つけることができますよという例を紹介した本です。

 これでは、なんだかよくわかんないと思いますので、取り上げられていた例を挙げます。
 いままでのサーカスと違って、ストーリーと音楽や芸術性を前面に出した「シルク・ド・ソレイユ」
 アメリカの小都市の直行便を充実させ、車並みの金額で航空運賃を設定し成功している「サウス・ウェスト航空」
 ケータイ電話の端末に、週刊誌レベルの金額で情報配信を行うことで、新たな市場を生み出した「NTTドコモ」のiモード
 などなど。

 名古屋では、手羽先の「世界の山ちゃん」が、繁華街に集中出店という手法をとってます。なんでも、席がいっぱいで他の店に流れるくらいなら、同系列の店を紹介するという理論だそうです。これは、どうなんですかね。

 それは、置いといて(^^;
 ブルー・オーシャンを開拓しても結局は真似をされる可能性があるため、常に努力はかかせないそうです。なかなか難しいですね。
 私は、第7章のニューヨーク市警察の業務改革の手法が勉強になりました。

 ところで、サウス・ウェスト航空は、今アメリカの航空業界の中でも経営状態のよい企業と聞いています。

 確かに、チケットは安いです。
 便も豊富です。

 ただし、サービスは、
 機内食はスナックだけ
 席は早いもの順(しかも、非常口の人は非常時に誘導するように指示される)

 けれど、歌を歌ってくれます(^^)v
 それを目当ての人もいるそうですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2005

愛・地球博(2005年日本国際博覧会)が終わりましたね

 私のこのBlogの更新が止っていた「言い訳」として、
・ 万博である市民プロジェクトの手伝いをしていた
・ ボランティアをしていた
 ということがあります。まあ、みなさんにとっては、関係ないことですけど(^^;

 万博のスタッフは、スタッフ証で、いろんなとこ行き放題でしょうなんて思われるかもしれませんが、いろいろと厳命がでていまして、自らがからむパビリオン以外はあんまり見ることができなかったそうです。私はボランティアでしたけど、スタッフは休みもままならない状態だったと思います。本当にお疲れ様でした。

 そんなこともあり、本日はお客として、長久手会場で、買い忘れたものとアルゼンチン館のパフォーマンスを見た後、瀬戸会場に行きました。
 瀬戸会場は今回の万博の市民参加の原点であります。対話劇場でのプロジェクト、屋外でのさまざまなNPOによる展示、瀬戸愛知県館のにぎわいの里など、「手作りの展示物」がいっぱいありました。みなさん、じっくり見たことありますか?
 私は、午後4時に着いたのですが、広場は打楽器を用いたパフォーマンスで、すでにすごい盛り上がりでした。後ろ髪を引かれる思いで、瀬戸愛知県館の見ていない方の映像を見に行きました。瀬戸愛知県館が職場だったからです。愛知県館のMCは感極まり、涙ぐんでました。わかるなぁ(^^)
 鑑賞後、ボランティアとして働いた場所に行き、スタッフに挨拶しました。

 いろいろありましたけど、終わってみれば、すべていい思い出です。

 閉会式の前に、来場者を閉会式に誘導するため(?)か、パーカッションのパフォーマーとクラウンによるパレードがあり、ボランティアや対話劇場、瀬戸日本館、瀬戸愛知県館のスタッフなどに見送られながら、ゲート付近まで移動し、旗がある付近で閉会式を行いました。ここまでの盛り上げ方は、長久手会場ではできません。
 瀬戸会場の閉会式は、長久手会場のそれと比べると、規模も小さく、挨拶、旗おろし、閉会宣言とまあいつもの感じでしたが、最初に瀬戸愛知県館でのコナラの精3人による万博テーマソング「I'LL BE YOUR LOVE」の合唱は、聞き応え充分でした。最後は、スタッフ、来場者、地球すべてを祝福し式を終えました。
 退場時に、すべてのスタッフから見送りがあり、記念バッチをいただきました。
 よかったですo(^-^)o

 最後に、
 この万博、あなたの心に何が残りましたか?

愛知万博最終日、午後4時で累計入場者2200万突破(読売新聞 Yahoo!NEWS)
愛知万博・入場客を見送る案内係(時事通信社 Yahoo!NEWS)
愛・地球博(愛知万博) (Yahoo!NEWS)

p.s. 寝ていてふと気が付いた。そうか!ボランティアやスタッフにとっては、万博からの卒業式だったんだと。
(2005年9月26日午前3時20分加筆修正)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4月の雪(2005韓国映画 字幕)と「愛の流刑地」

 我が家では、ペ・ヨンジュンさんのことを「ヨンさん」と呼んでいます。どうでもいいですが(^^;
 そんなヨンさんがの新作映画を見てきました。
 私は、ここ2年間の一連の騒動を関心を持って見つめてきました。「冬のソナタ」BS放映時に天国の階段撮影中のチェ・ジウさんに会えなかった事件。地上波放送時のオロナミンCのCM、「スキャンダル」での成田空港での混雑。
 この2年間で、ストリーミングが、一般的になったのは、韓流のおかげじゃないかと思ったりします。

 さて、本題です。監督はホ・ジノ。「八月のクリスマス」はご存知でしょうか?余命いくばくも無い写真館のハン・ソッキュと違法駐車取締り官のシム・ウナの交流を描いた佳作です。台詞を極限までそぎ落し、演技で表現するその手法に初めて見たときいたく感心した次第です。

 その監督が、不倫の映画を撮りました。ヨンさんの相手は、ソン・イェジンさん。「ラブストーリー(原題 クラシック)」、「永遠の片思い(原題 恋愛小説)」、ドラマ「夏の香り」などで、どちらかといえば、おしとやかな役が多い女優さんですね。私も好きです(^^; 今回の彼女は、人妻役です。

 ヨンさんは大事な仕事の途中で、妻の事故の知らせが入ります。被害者は亡くなり、加害者はどっちも車外で発見されたのでわからない上に、意識不明。遺留品には、未使用のコンドーム。妻は出張だと思っていたのに、職場では休暇中。しかも、妻からは、飲むはずの無いアルコール反応。それから、携帯電話のメール履歴からは、恋人の存在が浮かんでくる。伴侶への信頼が崩れる瞬間です。
 そんな互いに不安を隠せない状態を、よく描けていたと思います。そこで、互いの不安を分かち合ううちに、親密になってしまうというお話です。ここに、恋愛感情があるのかどうかはよくわかりません。お互い、被害者として相手を哀れんだのかもしれないし、互いにそれぞれの伴侶に報復するためにしたのかもしれません。それは、どうとでもとれます。私は、ヨンさんが奥さんと離婚するまでは無いと見ました。
 そのかわり、ソン・イェジン側は、伴侶が亡くなったこともあり未練ありありでした。
 私は、どっちが相手にサインを出すのかなと、そればっかり観察していました(のぞき魔ですね(^^;)。

 韓国でも当然ながら、不倫はあってはならないことです。
 私は、ヨンさんの奥さんといっしょに、奥さんの不倫相手も意識が戻ってしまった方がよかったと思います。その方がより複雑で、切なさが高まると思います。
 交通事故を契機に男女が出会うというのは、最近生誕100年になった名匠 成瀬 巳喜男も撮ってます(「乱れ雲」)。これは、加害者(男)と被害者(女)のメロドラマです。ただし、最終的に女は、この恋をあきらめます。

 私は、当初、日経新聞に連載中の「愛の流刑地」とからめて書きたかったのですが、映画の出来が想像と違い、ストレートすぎましたので割愛します。
 それにしても「あいるけ」は、これからが面白いですね。冬香さんはやっぱし死んじゃったし、愛するが故に殺した、阿部定状態の主人公をこれからどう描くのかが大変興味があります。しかも、作者は渡辺淳一さんですからね。

ヨン様「四月の雪」韓国では“惨敗”(スポーツニッポン Yahoo!NEWS)
「韓流ブームの主役」 ペ・ヨンジュン(朝鮮日報)

日本映画の名匠 成瀬 巳喜男ファンページ(個人サイトですが、成瀬作品がよくまとめられています)

朝刊小説 渡辺淳一の「愛の流刑地」(NIKKEI NET)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 23, 2005

SAYURI(予告)

 ヨンさん映画を見てきたら予告でかかってました。
 チャン・ツィイーさんと渡辺謙さんと役所広司さんがそれぞれの母国語を捨てて、花柳界の映画にでるといった感じ。役所広司さんは、ハリウッド・デビューですか?
 「ありんす」言葉が聞こえない時点で、個人的に見に行く気あまりなし。吉原が舞台じゃない!?
 製作にスピルバーグがかんでおり、監督は、ロブ・マーシャル
 シカゴは、良かったよ。
 でも単に、異国情緒を楽しむくらいなら、日本ですでにいろいろと撮られているので、それに字幕つけて見たほうがいいと思うよ。

SAYURI(公式サイト 日本)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恋してオモナ

 昨年の韓国で凄く流行った曲はなんでしょう?
 それは、チャン・ユンジョンさんの「어머나!(オモナ)」です。「おやまあ^^;」という意味です。

 この曲は、2004年9月の韓国旅行の折、「イルマーレ」ロケ地の席毛島から帰るバスで聞いたのが最初でした。
 いわゆる演歌ですが、聞き取りやすく(^^;ベタだなぁと感じたのですが、年末に釜山に上陸すると、南浦洞では、屋台からひっきりなしにかかっている状態にまで成長しており、SBSの演技大賞でも、女性がいっぱい歌ってました。さらには、今年の5月にソウルに行った折りには、おじさんの着メロは、「어머나!」か大長今のending「어나라(オナラ)」(来てください)しか、聞こえてきませんでしたよ。

 今年の2月頃には、NHKの歌謡番組にチャン・ユンジュンさんが出演し、「어머나!」を披露したのは、どんな風の吹き回しだったかしゃん?と思うのですが、彼女は、昨年の秋からBS日テレで現地スタッフが韓国のエンタメ情報を紹介する「Kスタイル~熱風!韓流~」という番組の司会をしてます。<私は当初気づかなかった。第2集のプレゼントで初めて気が付いた(^^;だって、ジャケの写真が全然違うよ

 前置きが長すぎるのですが、それを日本の方がカバーするようで、売れるといいですね。<オイオイ(^^;

林あさ美 オモナをカバー

Kスタイル~熱風!韓流~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大長今と電車男とBTTFのザッピング

 今週の大長今(49話)は、もうユルユルです。このころだと疲れてくるんでしょうかね。イ・ヨンエさんの美貌にちょっと翳りが見受けられるように感じるのは私だけ?
 そんな展開ですんで、チャンネルを変えると、電車男が、秋葉原のビルの屋上でエルメスに告白するシーン。何時に撮影したのかは分かりませんが、主要店舗のネオンだけで無駄な照明を省いた風景は、ある意味幻想的だと感じる。伊藤美咲さんは、タイガー&ドラゴンのちゃらんぽらんな役から、一躍「オタクの女神」になってしまいましたな。といまさらながらに感じ、ふとトニー・スコット監督、タランティーノ脚本の「トゥルー・ロマンス」を思い出す。主人公のクリスチャン・スレーターは、エスビス・プレスリーとチャネリングできる千葉ちゃん好きな格闘オタクだ。「電車男」が気に入ってて、まだ、未見なら見てくれ!彼をみつめるパトリシア・アークウェットが一時期「オタクの女神」だったということが分かると思う。
 また、チャンネルを変えると、バックトゥーザフューチャーがビスタサイズで放映されている。この作品は本当に良く出来ている。落雷前の一連のシーンは、ハプニングの小出しが絶妙で、最終的には結末が分かっていても、チャンネルを変えさせない力があるのを、再認識する。現代に戻るとだれるので、チャンネルを変える(^^;
 あ!チャングムが逃げてる!そうか、王様のわがままが始まったか(^^;行け行け、駆け落ち!
 電車男へ、幸せそうだね。幸福行きの機関車とは、999じゃあるまいし...おお、エスメスがメーテルに、電車男が鉄郎に見える(^^;年齢がバレます。
 これで、電車男も一段落か...

トゥルー・ロマンス(amazon.co.jp)
宮廷女官チャングムの誓い(NHK海外ドラマホームページ)
電車男(フジテレビ)
バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー・ボックスセット(amazon.co.jp)

| | Comments (0) | TrackBack (3)

September 20, 2005

ナーダ王女の憂鬱(魔法の国ザンス 16)

 新刊紹介をしておきながら、感想を記載していませんでしたので、ここに記します。

 前巻で、悪魔たちがつくっていたゲームが、この話の舞台です。悪魔たちはなんでこんな娯楽をマンダニア人向けに提供するのでしょうか?
 今回の話は、マンダニア人のダグとキムが主人公。
 ダグは、いわば一般的なアメリカ人の10代の男の子。キムは、ザンス・フリークの自分の外見を気にする女の子。
 二人が、コンピュータゲームを手に入れたタイトルは「コンパニオンズ・オブ・ザンス」
 これは、ユーザはザンスの国で大冒険することができるというものだ。<俺もやりてぇ
 知ってる人は知ってるように、魔法と駄洒落が支配するザンスでマンダニア人は生きてけません。そんなんで、ユーザには、パートナーがひとり選べることになっています。<うまいねぇ(^^;
 それぞれ、選んだパートナーが、ダグはナーガ族のナーダ姫、キムはエルフのジェニー+サミー付き。
 ただし隠し設定として、選択するパートナーたちのうちひとりは不誠実であるということである。<私だったら、骸骨のマロウか、グランディ、メトリアも捨てがたいな(^^;
 そうして、大人の陰謀(^^;などど戦いながら、互いにゲームの勝利を目指す話です(^^;

 相変わらず、プロットがしっかりしていますので、最後まで夢中になって読めます。
 そして、相変わらす訳が冴えていて、安心して読ませてくれます。

 ああ、次が待ち遠しい。
魔法の国ザンス(16) ナーダ王女の憂鬱 ハヤカワ文庫 FT(amazon.co.jp)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私の好きな忍法帖

 映画「SHINOBI-忍-」の紹介もしましたので、私がおすすめの忍法帖の紹介をします。
 参考になりましたら幸いです。
 あ!みんな18禁です。

 お姫様と下僕どもの物語
 無垢で純粋な女性のために、命を投げ出す忍の者どもが主役の作品。この手の作品は多いです。結構好きな設定です。

 「忍法八犬伝」
 八犬士から150年後の時代が舞台。里美家の取り潰しを図る伊賀者対里美家のお姫様を慕う落ちこぼれの里美家忍者との死闘。
忍法八犬伝―山田風太郎忍法帖〈4〉 講談社文庫

 「くノ一忍法帖」
 大阪城の落城の折り助け出された千姫と豊臣秀頼の遺児を胎内に宿したまま戦う女忍者対伊賀者の死闘。
 くノ一は、山田風太郎氏の考案といわれてます。この作品は、Vシネになってますが、原作は遥かに面白い。
くノ一忍法帖―山田風太郎忍法帖〈5〉 講談社文庫

 「風来忍法帖」
 秀吉の小田原攻めのころ、北条方の城を守る可憐な麻也姫。彼女を慕う香具師対風摩組の死闘。
風来忍法帖―山田風太郎忍法帖〈11〉 講談社文庫

 逃避行(潜入行)の話
 主役はひとり、何らかの理由で難を逃れるために逃げるか、任務を果たすために単身敵地へ赴く話。

 「忍法封印いま破る」
 父を謀反人とされ、父の子を宿す3人のくノ一と忍法の天才である主人公との逃避行。せつない作品です。
忍法封印いま破る Kodansha novels special―山田風太郎傑作忍法帖(絶版)

 「忍びの卍」
 徳川家光の時代、世の安泰のため陰謀によって将軍の弟を謀反人に仕立て上げようとするむなしい話。ここには、いままでの華々しい忍法は影をひそめ、良質なミステリー小説になってます。
忍びの卍 角川文庫 緑 356-7(絶版)

 「魔界転生」
 忍法帖シリーズのスーパースター柳生十兵衛の作品。十兵衛は映画でも出てましたね。台詞ないけど。
 紀伊の殿様によって殺された家臣の娘を守るため、十兵衛と弟子は逃避行。襲い掛かる魔人と化した剣士たち。
 散々映画化されてますが、天草四郎は、けっこうあっけないです。
魔界転生(上)―山田風太郎忍法帖〈6〉 講談社文庫
魔界転生(下)―山田風太郎忍法帖〈7〉 講談社文庫

 「伊賀忍法帖」
 時は、戦国時代、恋人をなぶり者にされた伊賀者が、松永久秀配下の根来衆と戦う復讐談
賀忍法帖―山田風太郎忍法帖〈3〉 講談社文庫

 その他
 「笑い陰陽師」
 江戸中期、甲賀忍者と伊賀忍者の易者夫婦が主役の艶笑談
 おかしすぎて、どっか(^^;が悪くなっても知りません。
笑い陰陽師 講談社ノベルススペシャル―山田風太郎傑作忍法帖(絶版)

2005/10/9書籍情報の追加

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SHINOBIハリウッドからオファーとか

「SHINOBI」ハリウッドからリメークオファー 仲間ビックリ(スポーツ報知 Yahoo!NEWS)

 現代を舞台にしたら、「さすがの猿飛」のようなコメディにしないと無理っぽいと思います。山田風太郎氏も、忍法帖シリーズで、大久保長安という科学信奉者を出して、忍法をコケにする一説もあります。

 まあ、ハリウッドは、才能を噛んではき捨てるところだそうですので、没企画はみなさんの想像以上にいっぱいあります。
 そんななかで、「呪怨」の人は、よくやってると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SHINOBI-忍

 SHINOBIです。昨日、近くのシネコンで見てきました。
 本当は、「4月の雪」が本命でしたが、時間を間違え(^^;
 同じく、鑑賞候補だったこの作品にした次第です。(ちなみに、お客いっぱいだったのは、「SHINOBI」と「NANA」と「タッチ」と「チャーリーとチョコレート工場」だったぞ)

 中国の武侠小説に対抗できる小説が日本にあるとすれば、それは山田風太郎氏による忍法帖シリーズと常々思っていました。
 しかし、武侠小説がいわゆる「明」であるのに対し、忍法帖はあくまでも「暗」であります。
 ゆえに武侠小説が、地縁、血縁、侠気と恩義によって大衆を巻き込んだ物語になるのに対し、忍法帖は内部闘争、陰謀など一般大衆が関与しない話がほとんどです。
 しかし、「暗」部であるがために、人体のさまざまな部分を用いた想像豊かな技の応酬となって読者のこころを掴むことになります。

 そんな、忍法帖でも最も最初に創作された「甲賀忍法帖」の映画化です。
 後々の忍法帖は、凄い技をもった忍者のデスマッチになっていって、正直つまんなくなるのですが、これは、推理小説家だった作者の創造性が発揮され、史実と虚構が見事にからんだ娯楽小説の傑作です。。
 この小説の連載が始まったのは、1958年だそうです(山田風太郎傑作忍法帖「甲賀忍法帖」講談社発行 あとがきより)。面白いものは、いつまでも色あせないということです。

 ちなみに、私と同じ世代の人(30代)は、甲賀忍者ってどう思いますか?どうしても、服部半蔵、赤影、影丸なんかは、伊賀者ですので、甲賀=敵役といったイメージがあるのではないかと思います(^^;
 映画を見て原作を手にとろうとする方は、映画とのあまりの違いに驚くかもしれませんが、あなたも甲賀が好きになると思います。映画では、この部分が無かったのが残念ですね(^^;

 こういった原作の映画化でよくある話は、今回はしません。映画は映画、小説は小説の良さがあります。
 原作をそのまま映画化したら、2時間で終わりません。
 朧の仲間由紀恵、薬師寺天善の椎名桔平はイメージどおり。蛍火は美化しすぎ(でも好き^^;)
 陽炎は、うっとりするような艶っぽさが欲しかった<コードに触れます(^^;

 映画の公式サイトは、映画をより深く理解するための教科書になっています。
SHINOBI-忍 公式サイト


 そういえば、この作品も映画ファンドで資金調達されています。投資しておくべきだった(^^;

2005/10/10修正

| | Comments (0) | TrackBack (6)

September 19, 2005

ローカルからメジャーへ

“方言ブーム”とです。 響き新鮮、想像する楽しみ(産経新聞 Yahoo!NEWSより)

 都会の女子高生は、方言が人気があるとか、まるで都落ちしていた者が敗者復活するような感じですね。
 これも、仲間どおししか通じない仲間言葉の一種でしょうかね。
 方言については、こんな話があります。私の弟は、大学は同じく関西方面でしたが、今東京にいます。
 関西では、方言はバカにされる対象になりやすかったのですが、東京では「お国の言葉がいいですね」といわれるそうです。東京は、いろんな地方の出身者がいるからなのでしょうか?ちなみに、私は大学が関西でしたので、弟と話すと関西弁になります^^;
 それから、私が大学生の頃、和田アキ子さんが、関西ローカル番組に出たときに関西弁で喋っていたのはすごい違和感があったことを覚えています。
 あと、探偵ナイトスクープでの「全国あほ/バカマップ」(だっけ?)の企画を思い出しました。10年以上も前の話です。

 かつては、人伝いに伝播していった言葉が、テレビの電波によってまた、伝播される。言葉は生き物ですので、どう進化していくのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2005

「頭文字D」は香港映画だったか

 徐克:『頭文字D』撮るはずだった、主役はやはり周杰倫ツイ・ハークさん元気ですね。なんだか、「花より男子」でもそうですが、日本のコンテンツが他国で映像化されることが目立ってきましたね。私は、TVのスポットだけ見て、「頭文字D」は日本映画と思っていました(^^;勉強不足です。

 個人的には、こっちの記事の方が気になったもので...
 ヒョンビン:グォン・サンウ抑え『七剣』の徐克監督と対面
 セブン・ソード、レオン・ライとドニー・イェンかぁ
 君は知ってるか?リー・リンチェイとドニー・イェンが戦った「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ Ⅱ 天地大乱」を... この作品の後で主役になってしまいます。
 韓国ではヒョン・ビン(プロフは韓国エンタメサイトKOREPAN)ですか、まあ彼はかっこいいですわな。

頭文字(イニシャル)D THE MOVIE(日本公式サイト)
セブンソード(日本公式サイト)
なんだか、ファイナルファンタジーのような感じ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「銀河ヒッチハイク・ガイド」、「宇宙の果てのレストラン」 再刊

 銀河ヒッチハイク・ガイド宇宙の果てのレストランが河出書房新書社から再刊されています。この勢いで残りの2冊もよろしくお願いしますぜ!
 昔の表紙絵も味わいがありましたが、まあこれもありでしょう。

 何!面白さがわからないって?
 あわてるな!(^^;
 あえてたとえれば、読むモンティ・パイソンだ。

 まずは、「銀河ヒッチハイク・ガイド」をamazon.comで購入せよ、今だったら24時間以内で発送可能だ!おっと、あわてるな、amazon.comは、1500円なら送料無料だ!ついでに「宇宙の果てのレストラン」も買ってしまえ!あ!これでも、1500円いかない!?みんな2冊買ってしまえ(^^; 1冊は観賞用、もう1冊は愛する人にプレゼントだ。

 そういや、中途半端になってた今年のTony賞は、スパマロット(ホーリーグレイルをベースに、今までのヒット曲を加えたミュージカル。アーサー王は、かのティム・カリー)がベスト・ミュージカル賞でした。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キム・レウォン!2丁

 ビデオCDで以下の作品を鑑賞しましたので、簡単に紹介します。
 結果的に、どっちもキム・レウォン(プロフはk-plaza.com)が出ているので、こんなタイトルです。

 でも、よくよく考えると、相手の女優は「薔薇と紅蓮」(日本公開名「箪笥」)繋がりですね。

 まず、第一ラウンド
 キム・レウォン対イム・スジョン(プロフはk-plaza.comから)の「...ing」
 あいち女性映画祭では、チケット完売でしたね。さすがにサラリーマンですので、平日休めません(T-T)
 えー、イム・スジョンさんは、向こうで肌がきれいな女優としてちょっと有名だそうですよ。
 この話は、先天性の病をもつ女の子にキム・レウォンがちょっかいをかける話で、VCDには英語の字幕がなかったので、3割も台詞が分かりませんでしたが、いつ絶えるか分からない人生への鬱憤を発散するすべを知らない女の子が、彼と出会うことで、彼によって夢を一歩ずつ実現させていくという、正当メロドラマです。彼女が、母親にやりたいことを主張したらすぐに、彼女におとづれる悲しい結末。人生の無情さを感じました。
 天から傘が降りてくるシーンが好きです。

 第2ラウンド
 キム・レウォン対ムン・グニョン(プロフはk-plaza.comから)の「幼い新婦」
 これは、すでに国内で公開されてますね。
 ムン・グニョンさんは、古くは「秋の童話」の子供時代のウンソを演じました。彼女は、今現地で男子高校生などの若い男性に人気があるそうです。ふーん(^^;
 さて、この話は、プレイボーイのキム・レウォンが親戚のムン・グニョンとおじいさんの命令で結婚させられる騒動の顛末を描いています。コメディです。
 意外と、結婚が決まると、他の相手に手を出さない彼に対して、不承不承で結婚したために、あこがれの先輩への思いが断ち切れない彼女が描かれています。まあ、彼女にとっては、彼は「大きなお兄さん」ということなんですね。最後にはもとの鞘に収まってメデタシということです。
 英語の字幕はついていました。

アメノナカノ青空(「...ing」)公式サイト(日本語)
マイ・リトル・ブライド(「幼い新婦」)公式サイト(日本語)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大長今終わってしまいますね

 大長今(「宮廷女官チャングムの誓い」)の48話が終わりました。この回で悪役がいなくなってしまいましたので、物語は、長い長いエピローグに突入します(^^;
 白昼夢の中で、韓尚宮との対話は、よいシーンです(T-T)涙腺が緩みましたよ
 思えば、長今が輝いていたのは、韓尚宮といっしょだったスラッカンの頃なんですよね。医女になると、苦難なため難しい顔が多かったからなぁ~
 NHK海外ドラマホームページでは、次のドラマが予告されています。
 次は、「チェオクの剣」だそうです。へ!なんだって「茶母」じゃないですかぁ~(^-^)
 ワイヤーアクションと、CSI:化学捜査班のようですが、途中で「男たちの挽歌」になってしまうドラマです(^^; 面白いですよ
 やたー、ハ・ジウォン これで日本でメジャーになれるか?
 「秘密」は、BSデジタルと一部地上波だったし<よく出来た話なんですよ(:_;)彼女は悪役だけど
 映画公開されたのは、クォン・サンウと共演した「神父修行」と、脇役だったけど目立っていた「リメンバー・ミー」、あとは、ホラーか(^^;
 14話と短いので、さらに次放映されるドラマが気になります。

 でも、韓流ドラマは、もう各局は縮小方向だそうで、フジも日テレも秋の番組改変から無くすとか、もう鉱脈を掘り尽くした感がありますからね。スターで売らずに、大河ドラマとか、シットコムが一般受けしないと無理でしょうね。(まあ、基本的にテレビ番組は自国の視聴者しか対象にしてないので、これは、どうしようもないのですけどね。)
 テレビ局が、このまま華流の鉱山に行くかというと、多分難しいのでは、若手はF4くらいしか目立ってないしね(^^;駒が足らんな~(そりゃまぁ、香港に行けば、まだいますが)
 射鵰英雄伝や天龍八部が地上波で放映されても、正直カコイイのは、おじさんばっかですからね。女性は、みなさんきれいですよ(*^o^*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2005

ピラニア、サソリ、ニシキヘビ

 ニシキヘビは、まあ田舎にいけばいるとして、ピラニアもサソリも観賞用として持ち込まれているのですかね?
 「このピラニアの食いっぷりがたまらん!」とか
 「このサソリの毒毒しい色がたまらん!」という人がいるんでしょうか?いるんでしょうね。
 ともかく、ピラニアについては、越冬することはなさそうですので、従来どおり、鳥人間コンテストで琵琶湖に飛び込めることが出来そうですね。
 我が家でも、ムカデとねずみがでます。ぼろいからです(^^;

 ニシキヘビは、しばらくみたことないなぁ~

ピラニア 琵琶湖で捕獲

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2005

選挙おわりましたね

 選挙は、小泉さん率いる与党の圧勝でしたね。
 つくづく、彼の手法には感心させられます。彼はやはり勝負士なんでしょう。
 当初、「与党の郵政民営化案」に反対していたはずの野党が「郵政民営化」自体に反対とすり返られてしまった論法には脱帽です。
 小泉さんは、政治という難解な世界を単純化させて分かりやすくし、共通する敵をつくって大衆の共感を得る(しかも、報道まで味方につける)という手法を今までも使ってきました。この手法にまた、民主党は負けてしまったですね。
 民主党は、「郵政よりも年金」と訴えたのは、まじめで本当はレベルが高かったのですが、それが、大衆は難しいと判断されてしまったのでしょうね。

 それにしても、刺客が任務を果たさなくても、(比例で)復活させるとは、「壮士ひとたび去かば 復たび還らず」の時代とは大違いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2001.9.11貴方はどうしてましたか

 もう、4年経ちます。早いものです。
 あの事件は、目を疑いました。そして、世の中が物騒になると思うと同時に悲しい気持ちになりました。
 私は、2000年3月にN.Y.に行き、ワールドトレードセンターの屋上に上がったことがあります。そして、あの界隈を歩き回りました。
 よく晴れた、いい天気でした。私が最上階まで上がったときは、風が強いと屋上に上がれなかったのですが、しばらくすると上れるようになり、屋上を1周しました。自由の女神が遠くに見え、エンパイヤステート・ビルディングを見下ろす風景を思い出します。
 おみやげ物屋で購入した地下鉄マップが印刷されたマグカップは今でも愛用してます。

 もう、あのころのアメリカは無いんだなと9.11を迎えるたびに思う次第です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バンジージャンプする(韓国映画)

 私は、バンジージャンプは、したことがない。なぜならば、やる機会がないからだ。多分、私は勇気がないんでしょう。

 この映画は、バンジージャンプがメインの映画ではありません。輪廻転生した相手と愛するという高尚なお話です。ましてやそれが、同性だったら?
 心中ものにあるように「私たちはあの世で結ばれる」なんて考え方は、我々知性がある生き物だけが考える独り善がりな考え方なんですが、「私たちは生まれ変わっても愛している」、「生まれ変わっても貴方を探す」の方が、同様とはいえ、好感がもてませんかね。なぜなら、生まれ変わっても、再び男は男、女は女というわけには行きません。他の生き物かもしれないし、同じ時代に生きられないかもしれないし、そうも都合よくいきません。

 この映画の主人公は、情の深い人です。主人公は、かつて、突然交際の途絶えた相手をいつまでも思っていて、同じ台詞や相手と同じアイテムを持つ、同性の生徒を知り、すごく思い悩みます。そして、ついにはすべてを失っても相手との愛を貫こうとします。そうですね人生のバンジージャンプをするんです。
 でも、これがよかったのかはわかりませんね。ラストは、いっしょに自殺でもしたのかなと思わせる感じだったです。
 辛い話ですね。
 逆に、めでたし、めでたしだったら、観客が発狂しそうです(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2005

ガンダムSEED DESTINYについて

 あんまり書きたくないのだが、この作品は、最初から「マジンガーZ対グレートマジンガー」的な雰囲気があったので、大丈夫かなと思っていたら、本当によくわからなくなってしまいましたね。

 製作側は、落としどころを考えているのでしょうか?

 先日のBS2でのガンダムマラソン(?)で、富野監督のインタビューを見ていたら、しきりにスポンサーや製作をだまくらかして、放映していた挿話を思い出し、ガンダムだけで売れるようになった時代に、なんでこんなもったいないことをするのかなと思う次第です。
 久々に「哀戦士編」と「めぐりあい宇宙編」を見て、「これだよねぇ」とひとり納得(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ファンタスティック・フォー

 ハリウッドの映画の話です。
 この映画の原作は、マーベルだそうですが、ハンナ&バーベラもアニメを作っております。
 タイトルが「宇宙忍者ゴームズ」
 リーダーがゴムの様に伸びるので「ゴームズ」
 ゴームズの助手の奥様が消えるのとバリア専門「スージィ」
 スージィの弟の火の玉小僧「ファイヤーボーイ」
 ゴームズの友人の岩石人間が「ガンロック」
 という、なさけないネーミングなんですが、この吹き替えが面白い!

 彼らの永遠の敵役「悪魔博士」がベタな名古屋弁をしゃべり(^^;
 大変、笑かせてくれます。

 つい数年前も「ドラドラ子猫とチャカチャカ娘」や「スクービィ」が実写化されたので、この流れかいな?
 ついでに、「シャザーン」や、我らが「スーパースリー」でも実写化してくれよ

ファンタスティック・フォー公式ページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「誰も寝てはならない」(サイ・イイネス著)

 「大阪豆ごはん」古くは「水玉生活」の作者が、モーニングに連載を再開され「なんやしらん」間に3巻まで出ていましたので、読みました。相変わらず、内輪ネタですかね。ワシはええんですけど(^^;

 それにしても、うーん(@_@;
 2巻にあるバレンタインデーのハルキさんの挿話が、豆ごはんにも出てくるので、豆ごはんの登場人物とこれとの相関関係を詮索してしまいますね。WRCの話が少なくなりましたね。

 タイトルは、プッチーニのオペラ「トゥーランドット」で同じタイトルのアリアがありましたが、これなんでしょか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神鵰剣侠(金庸 日本語訳) 

 しばらくの間に、こんな本も読んでます。
 以前、「射鵰英雄伝」のDVDを紹介しましたが、この作品の続編に当たる小説です。大陸では、年末から40話くらいで放映されるそうです。私は大変楽しみにしています。
 なぜならば、刘亦菲ちゃんが、小龍女だからです(*^o^*)

 この話は、元が南宋を滅ぼそうとする時期(日本でいう鎌倉時代ですね)の中国大陸を舞台に、周りからは不道徳だと言われながらも愛を貫く一組の男女の物語です。
 最初は、主人公の態度が軽薄であまり感情移入が出来ないのですが、4巻あたりは、ハンカチなしでは読めません。5巻は、もう主人公の話でなくなってます。いいんですけど。

 この作品の作者によるあとがきが、かなりいいので引用させていただきます。
「道徳規範やら行為の基準やら風俗習慣といったものは、社会的な行動様式であって、常に時代と共に変わるけれども、人間の性格や感情はそれほど激しく変動するものでない」
「親子兄弟の感情、純粋な友情、愛、正義感、善意、そして人助けや社会貢献といった感情やヒューマニティは今後も長く賞賛され、いかなる政治理論や経済制度、社会改革、宗教信仰などでも代替できないように思う。」
(第5巻p384,p385 岡崎由美・松田京子 訳)
 そのとおりだと思います。

刘亦菲ちゃんを知らない人のために
刘亦菲ちゃん公式ページ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

バレエ教習所(公開名「僕らのバレエ教室」)

 ご無沙汰してます。
 本日まで、愛知県では、あいち女性映画祭が開催されていました。
 毎年、女性監督の日本での公開、未公開を含めて数多くの作品が紹介されます。

 ここ最近、勢いのある韓国映画も紹介されています。
 今年は、次の2作品。
「...ing」아이엔지
「バレエ教習所」 발레교습소

 さすがに、「...ing」は、キム・レウォンさんの人気のためか、完売で見れませんでしたが、こっちは鑑賞しましたので報告します。(「...ing」は韓国版VCDで鑑賞済みですので後で報告します)

 今までにも、素人がバレエ(またはダンス)を習うという作品は、結構ありますよね。
 ハリウッドでも焼きなおされた「Shall We Dance?」なんかは、特に有名です。
 あと、ボクシング教室の隣で行われていたバレエ教室に参加する「リトル・ダンサー」とかありますね。
 私なんかは、アニメ「ザ・シンプソンズ」で、バートが、懲戒のためバレエ教室に通う羽目になって、天才的な才能を発揮して、覆面ダンサーとして、同級生に披露するなんて話が気に入っています(^^;

 さて、本題です。
 この映画は、大学入試を控える不安定な時期の高校生。彼は、母を病で無くし、父親と叔母の手で育てられたが、父親は飛行機のパイロットで忙しく家では寝ているだけ。父親が自分を理解してくれないのに、価値観だけ押し付けることに苛立ちを覚え、友達とつるんで、いたずらまがいのことをして憂さを晴らしている毎日。そんな折、ひょんな事で、バレエ教室に半強制的に通わされることになり、いろんな社会勉強をして、親と対決するという話です<オイオイ

 魅力的な登場人物も多く、脇役に関した、いろんな挿話があり、あの時期特有の「将来なんて分かるかぁ」というもやもや感が良く表現されています。最後の主人公と父親との対決は、白眉です。いいですね親子って。

 ということで、バレエは、この物語のメインではありません。主人公たちが披露するバレエも公民館の文化発表会レベルです。しかし、いろんなところにいろんな人生があるわけで、いろんな価値観もあるわけです。そんなことを感じさせてくれました。

 「子猫をお願い」と同じく、韓国の等身大の若者を垣間見ることができる良作だと思いました。

 ちなみに主人公は、韓国で有名なgodというグループのボーカルだった(現在、軍隊)ユン・ゲサンさんです。
 godは、日本では知名度低いですが、いい歌を歌うグループです。

あいち女性映画祭
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | October 2005 »