brick.cocolog-nifty.com > イルマーレ ロケ地

1 イルマーレ ロケ地紹介看板
2 イルマーレの跡地は魚の養殖場
3 道路は今も舗装されてません
4 チョン・ジヒョンとイ・ジョンジェが訪れる店
5 関係者サイン

トップページ | 次 >>

1 イルマーレ ロケ地紹介看板

1 イルマーレ ロケ地紹介看板

2004/09/20

 イルマーレは、韓国では「時越愛(シウォレ)」という題名で公開されました。
 現場では実際にセットを建てて撮影されたのですが、台風で壊れてしまったそうです。
 イルミネーションをつけた木も枯れてしまったそうです。

 現場に行っても残っているものは背景くらいです。

 ここは、江華島事件で有名な江華島の隣の席毛島。
 ソウルの新村からバスで90分で江華島のバスセンター。
 そこから普門寺行きのバスに乗り換え20分くらいで外浦里の港町
 そこからフェリーで席毛島にわたり、またバスで15分くらいのところです。

 最初にバスの運転手に「ヨンファ シウォレ カゴシッポヨ」でも言えば、多分(^^;連れて行ってくれます。私は、バスの運転手さんが、気を利かせてくれて、2時間後(バスの2時間に1本)に、バス停でもないここで迎えてくれました。

固定リンク